小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

Twitterで心掛けていること 

この記事はずっと書こうと思っていたんですが、まとめるのが手間も時間もかかりそうだったのでなかなか踏み切れませんでした。
ですがヤフーの記事だったかで『SNSで全くつぶやかない人の理由』とかなんとかいうのを見ました。内容的にも被ってるし便乗ではないけど「そろそろ書こうかな」と思い立ったわけです。

ヤフーの記事で見ていて思ったことが「まあ分からなくはないけど、そこまで共感はできない」のが本音でして、これから自分が書くことも他人から見たらそんな感想を抱くんじゃないかと書く前から勝手に悟ってます。

前置きが長いのはいつものこと、ではいきましょう。
あとTwitterをやってる人にしか分からない単語も出てくると思いますので、そこはご了承ください。


1.挨拶リプは一人ずつ返す
重要度:☆☆☆
去年の全盛期だった頃の私はよくまとめて返していました。なぜこんなことを決めたかというと、単純にまとめて返されるのが何か嫌だって気付いたからです。人にされて嫌だって思うことは自分もしたくありません。
Twitterを始めた頃ってなかなかリプを貰えることがなくて、挨拶だけでももらえたら嬉しく感じた経験が誰にでもあるでしょう。でもフォロワーさんが多くなるに連れて挨拶もたくさんもらえるようになっていき、だんだん一人ずつ返すのがめんどくさくなっていく。それでまとめて返すのが当たり前になっていく流れになるんだと思います。
あとは一人ずつ返していくと他の共通のフォロワーさんのTLを埋めるから迷惑になるってことでまとめて返す人もいるでしょう。これは仕方のないことですね。私の場合はそんなにフォロワーさんいませんので大丈夫だと思いますが・・・。
とまあ簡潔に言うと、まとめて返されるよりも一人ずつ返された方が嬉しいと私は感じるので自分もそうして返すようにしているということです。


2.挨拶返しの規則性
重要度:☆
食事を取るときやお風呂に入るときに用いられるTwitter用語?で「めしってくる」や「ほかってくる」があり、それに対して「めしてらー」や「ほかてらー」といったリプをいただきます。それに対して「めしてらありがとう」とか「ほかてらありがとう」とリプ返しをします。
そのときに名前入りのリプをいただいたときは、必ずその相手の名前を入れてリプ返しをします。例えば私はTwitterでははるぽんと呼ばれていますので「はるぽんほかてら」と来たら、その人の名前で「〇〇さんほかてらありがとうだよ」と返します。これが私の挨拶返しの基本です。
例外として、朝起きたときや夜寝るとき、その他一部のリプには名前を呼ばれてなくても相手の名前を入れてリプ返しをします。これはなんとなくこの挨拶のときは名前を入れた方がいいかなって思っただけで、明確な理由はありません。


3.人の名前を(あまり)つぶやかない
重要度:☆☆
挨拶返しでは結構名前を呼んでますが、逆にTLというか空中では人の名前を言いません。これも他の人がつぶやいてるのを見て感じたことですが、ぶっちゃけその人をフォローしてないと「誰だよ」ってなるわけです。絵師さんや有名な人はともかく、ただの一般人の名前の人のことなんてどうだっていいんです。
本音は好きな人がどこか馬の骨とも知らない人の名前をつぶやいてると嫉妬してしまうわけですヴェェェェェェ。


4.定期ポストの間隔をなるべく空ける
重要度:☆☆
自動でツイートを流すtwittbotのサイトを使って定期を流しています。多くの人が利用していると思いますが、使い方も様々。同じ内容を30分間隔でひたすら流す人もいるし、いくつかの種類の定期を数時間の間隔で流す人もいます。前者は正直うっとおしくて迷惑だって思ってる人もいるでしょう。それが理由でtwittbot.netのクライアントをミュートにしてる人も多いのでは(私もその一人だったり)。
あまりTwitterを頻繁に利用しないandフォロー数が少ない人の意見をニコ生で聞いたことがあるんですが、その人の意見によると「1日1つでも多い、せめて1週間に1回だよなぁ」だそうです。これだけではTwitter廃人とそうでない人の感覚に大幅な違いがあるのは明確・・・で済んでしまいますが、よく利用する人の中でも30分や1時間間隔じゃ多いって思っている人もいるわけで。
そういう投稿時間の感覚を空ければ済みそうな簡単に解決できそうなことには配慮していきたい、そう思ってるわけです。


とりあえずこの辺にしておきましょう。またネタがあって書きたいと思ったらその2として記事を投稿するとしましょう。
共通して言えることは、自分がされて嫌なことはしない、良いと思ったことは積極的にする、単純ですね。ただ自分がそう感じてそうしようと思っただけで、他人にこれを強要するつもりは・・・ありません。3番だけは一部の人には言ったことがありますが、できればして欲しくないな~程度ですので。強要ではなく弱めですので(震え声

まあこの記事もほとんど自己満足ですしね。こういう考えがあるんだ程度で頭の片隅に入れてもらえれば幸いです。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment