小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

積ませて勝つスタイル(ネタ臭) 

積ませメタモン全抜き構築

ランダムや動画で一度は見たことがあるって人は多いかと思います。物理型の相手にいばるで攻撃を上げさせ、その後メタモンを繰り出しスカーフで全抜きする。特殊型ならおだてるで相手の特攻を上げて(以下略。もしくは自ら積んできた相手に投げてコピーする。積んでくるなら相手は確実にスカーフではないのでこちらが先手を取れる。
おだてるって何の意味があるのだろうと思っていたらこういうことだったのかと思ったのは自分だけじゃないはず。
私はこれの存在を6月くらいに動画で始めて知ったんですが、カントーカップで流行っていた?みたいですねw 出会っていても気付いていなかったかもしれません。

実はその積ませメタモンの話をしたいわけではありません(ぇ
ほとんど見かけないけどこれは使える!って技を発見しました。


じこあんじ
効果:相手にかかっている補助効果を自分にもかける。

今回は昨日紹介したパーティーの中にいたエーフィに焦点を当てます。
エーフィの技構成で悩んでいたことと、積んでくる相手にどうしても対処が苦しい場面が多かったので思い切ってこの「じこあんじ」を採用してみました。

エーフィ♀
NN:あきみかん
196_0.gif

~レートでの事例~

①相手のソーナンスにポリゴン2は自己再生を固定される。
②相手はウルガモスに交代。蝶の舞で積まれる。こちらはわざと自己再生を連打。
③有る程度積ませたら相手の選出3体に刺さっていないメタグロスを投げ、捨てる。
④死に出しでエーフィ。ウルガモスの攻撃を襷で耐えて、自己暗示で能力変化をコピーする。元の種族値が勝っているので次のターンで確実に先手を取れる。
⑤サイコショックでウルガモスを落とす。ソーナンスにはシャドーボール。そして最後にウォッシュロトムをサイコショックで落とす。

こんな感じでうまく3タテが決まりました!まさかこんなにうまくいくとは・・・。
全抜き性能が極めて低い私のパーティーでこれが決められたのはかなり気持ち良かったです!


ただし自己暗示でコピーして全抜きを狙うにはいくつかの条件が揃わないと厳しいです。

~自己暗示が決まらないパターン~

・襷を潰される
天候が砂状態であったり、パルシェンなどの連続技持ちが相手だと自己暗示を使う前に倒されてしまいます。特に今のレート環境ではバンギラスを見ないことの方が珍しいので、砂ダメージを受けないポケモンに襷を持たせた方が無難でしょうw

・自己暗示しても突破できない
事例はウルガモスよりSの元の種族値が早いからこそ成功できました。Sが相手より早いことが前提条件なので、自己暗示を持たせるポケモンはなるべくSが早い方がいいと思います(フーディンとかよさげ?)。
あとは瞑想や蝶の舞のようにDが上がる積み技を使う相手だと、自己暗示でコピーしても結局相対的に五分五分になるだけです。そこで相手のB(防御)でダメージが決まるサイコショックが大きな役割を持ってきますが、いくら積んでもサイコショックが通らない相手(エスパーや悪、鋼など)には不利でしょう。

・先制技で止まる
積ませる→攻撃を受ける→襷で耐えて自己暗示→反撃 の流れなので、HPが1の状態で全抜きをする必要があります。なので先制技を持っている相手がいたらそこで止まってしまいます。こちらも先制技を入れておいた方がいいかも?


・・・・・・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・。

えーっと、普段やりもしない考察みたいなことを書いてみました。今日初めてこの技を使ってみたらいきなりうまくいって、面白くなったのでいろいろ考えてみようと思いました。
正直レートで使えるかどうかは全く分かりませんが、今後もランダムでいろいろなポケモンで試してみようと思ってます。

では最後に、こんな駄文に突き合っていただきありがとうございました!




スポンサーサイト

Comment

Add your comment