小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

壮絶帰宅物語 

これはコミックマーケット80の3日目が終わり、ビッグサイトから秋葉原にあるホテルに戻るまでの体験談です。1週間前のことですが、これは記しておかねばならない。
皆さんにこのような経験をしてほしくないため【失敗談】として残しておきます。反面教師として学んでください。

3日目が終わりました。私は地方組なので1日目・2日目が終わったからといって自宅に戻って戦利品を持ち帰ることができません。
戦利品は全てワシントンのコインロッカーに入れていました。
下の写真は3日間の戦利品全てです。
110814_1544+01_convert_20110821215331.jpg



















なんか少ないように見えるかもしれませんが、全長55cmのキャリーバッグの中にもぎっしり入っています。
あれですね、バーゲンセールで嫁に付き合わされて荷物を持たされる夫状態ですね。

3日目が終わった後に会場から流れ出てくる人を眺めていたんですが、これだけの量を生身で持って帰ってる人はほぼいませんでした。きっとクロネコヤマトとかで発送してるんでしょうね。

つまりこれを持ち帰ろうとしてる時点で私はアホなのよね。

さて、問題はどうやって帰ろうかと。通常ならりんかい線を使って国際展示場―新木場―東京―秋葉原のルートで帰ります。
ただ駅は人がものすごいです。正直この荷物で電車に乗りたくありません。

ぱっと目に入ったのがバス。門前仲町駅終点とあり、JRまで行けるんだったらどのバスでもいいやという安易な考えで乗ってしまいました。

ただ普通に考えればこの量の荷物でバスに乗るって迷惑すぎるよね。しかも追い撃ちが・・・
最初はビッグサイトから乗ってる人が大半なのでオタクだらけです。しかし門前仲町までは数十分あり、それまでに人の入れ替えが行われ一般人が乗り込んできます。居心地が悪い・・・周り敵しかいないよって。

あまりの居心地の悪さに終点の前に降りてしまいました。まあ降りたのは越中島という場所で、近くに越中島駅という京葉線の駅があったためそこで妥協しようかと。
越中島駅は新木場駅と東京駅の間に位置しています。
仕方ないけど、もう京葉線で帰ろうよって。

バス停で降りた後に気付きました。

終点、次じゃんか。
何やってんだバカ野郎、あと1バス停だろ。ちゃんと見ろよ。
挙句の果てには越中島駅が近くにない・・・バス停から道路を挟んで向こう側にあったんですが、なぜか横断歩道がなく歩道橋。この荷物で歩道橋渡れって?なめてるんですか。

勿体ないので門前仲町駅まで歩いて行きました。駅までは10分程度歩いたんですが、もうこの街には一般人しかいませんでした。
道行く人々に好奇の目で見られ(たような気がするだけ)ながら駅を目指しました。

あー、歩道橋を渡るよりも10分歩いて次の駅を目指してること事態もアホな気がしてきた・・・

駅に続く地下への階段を見つけましたが近くにエレベーターはなく、仕方なくこの荷物を担いで階段を下る。この荷物を担いで階段を下る。

門前仲町からのルートは
門前仲町―茅場町―秋葉原です。
おっ、意外と乗り換えいらないんだなーと思い電車に乗り込みました。あと乗車時間はたったの7分。ここはすんなりと帰ることができ、無事じゃないけど我らが古里秋葉原に生還。
この時点で憔悴しきってます。体は死んでます。

教訓
1.この量の荷物で帰ろうとするな
2.この荷物でもし帰るならバスに乗るな
3.一般人しか存在しなくなるルートで帰るな
スポンサーサイト

Comment

Name - Laelaps  

Title - 

な、なんつーか…
お疲れさまでしたぁ!!

写真見ただけでも、すごい量ですね。
これをすべて持った状態じゃ、いろんな意味で好奇の目で見られそうですね。(『な、なんだあの大量の荷物は!』的な意味で)

判断ミスは仕方が無いですよね。疲労もありますし。

いろんな意味でお疲れ様っした!!
2011.08.21 Sun 23:17
Edit | Reply |  

Name - 朝野晴季  

Title - 

Laelapsさん
や、どっちかって言うと
『あーあの人いたいかみぶくろ持ってるー』
的な意味で見られそうでしたWW

最初から荷物を自宅に発送
してればこんなことには・・・!?

ありがとうございましたっ!!
2011.08.21 Sun 23:28
Edit | Reply |  

Add your comment