小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

大野くんの初登場は劇場版 

私って間違ってることや何かを否定、批判してる意見に対して無視できないタイプなんです。だからそんなことをスルーできたり広い心をもった人って尊敬します。

あのですね、動画を見るようになってつくづく思うようになったんですが、批判的なコメントってあるじゃないですか。特にニコニコ動画は見てる画面を流れてくるのでコメントを削除設定にしない限り強制的に見させられてる。それでも表示してるのはおもしろいコメントもたくさんあるからなんですけど。
それはそうとよくもまあそんなこと書けるなあとぼやいてしまいます。ここの発言とかプレイはきそうだなーと思うところは見事に批判コメントがきてそれは理解できるんですが、何でここでって思うところもあったり。
ちなみに私は下ネタとか弾幕は気にならない性質です。弾幕ってのは画面全体に同じ文字がババババーっと流れていく光景を指すんですが。

あとですねー、これもあんまり書きたくないんですが、まあ政治批判してる人ですね、これも嫌だなと。いつも思ってしまうのが、そんな頭ごなしに批判するくらいなら他にいい案があるんでしょうかねってこと。論点がおかしいとか批判してるやつ批判してるとか言われそうですが。
愚痴や批判が嫌いな理由は自分がその(批判される)立場に立ったときにとてもじゃないけどうまくこなす自信はないからなんですね。常に自信皆無です。まあ私は引きこもってるので政治どころか一般常識に疎いところがあるので、意見を言うなんてそんな畏れ多い・・・って感じになってしまいます。
あと口下手なのでうまく人にあれこれ言う自信もない・・・もうだめだないろいろと。

私がなりたいのは・・・大野くんみたいなのかな。嵐じゃなくてちびまる子ちゃんのね。
だってはっきり意見言えるしそでれいて誰も傷つけない優しさ満ち溢れたぶつぶつぶつ。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment