小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

ウルトラマラソンは最高だぜ 

先日の白山白川郷ウルトラマラソンにてウルトラデビューを果たしました、どうも私です。

42.195kmのフルマラソンまでの距離しか走ったことのなかった私にとっては完全に未知の領域。70kmですので、走行距離にしてプラス27km以上。時間にして5時間以上継続しての運動でした。

走ってみて感じたのは、『意外と走れた』ということです。
平均にして7'40"/kmペース。ゆっくりジョグのペースだったらこれほどまでに長い距離が、今までの練習でも十分走れるんだと自信に繋がりました。残り20kmでタイムを意識してペースを上げていなかったらもっと気持ち楽に走れていたかもしれませんし、それを思うと80kmまでは行けたんじゃないかと仮定の想像も膨らみます。

特に長い距離を走るため『景色・景観』を重視した大会も多く見られ、その意味では緩いペースで走る『観光ラン』と言い表してもいいのかもしれません。もちろんフルマラソンをゆっくり観光目的で走っているランナーもいると思います。
現時点ではウルトラマラソンで記録を狙おうとは思っていないので、私はウルトラを競技とは思っていません。観光の一環と認識し、白山白川郷でもそうでしたができるだけ苦しまず楽しみながら走れていけたらなぁと感じました。

白山白川郷にて、19km地点の最高到達点を過ぎ下りながら素晴らしい景観を見て走り抜けたとき、『ウルトラマラソンって・・・最高だ』と口に出してつぶやいていました。それくらい新境地に辿り着いた感覚に陥りました。

とりあえず試しに出てみた感の強かった今回のウルトラマラソンですが、その魅力に取り込まれてしまったため、今後も参加してみたいと思いました。
もちろん距離が距離です。ゆっくりジョグペースでも脚に負担がかかるでしょう。頻繁には出られないので、年に1回程度でもいいので出場してみようと思います。

そして来年の出場候補となる大会が・・・すでに決まっています。

高野山・龍神温泉ウルトラマラソン 

これです、高野山・龍神温泉ウルトラマラソンです。

私が今年初のウルトラマラソンとして参加しようとしていた候補になっていた大会の一つです。名称が第一回の高野龍神スカイラインウルトラマラソンから変更になっていますね。私が運営に問い合わせて隔年開催と言われた大会ですので、これのさらに次の開催は2020年になるはずです。つまり来年を逃したら走る機会がなくなってしまうかもしれない。

ちなみに50kmの部と100kmの部の二種目があります。
去年までの私だったら迷わず50kmに出場していたでしょう。

でも・・・せっかく和歌山まで行って出場するんだから、
50kmなんて短い距離に出るのはもったないよね?

100kmの部に出場してみたいと思います。
さらに未知の領域です。初めて70kmに出場したとき以上にハードルの高い『挑戦』になることが予想されます。
でも、完走率59.9%(70km男子)の白山白川郷を完走できたんだから、きっと大丈夫。えぇ、きっと大丈夫です・・・(震え声

大会は2018年6月10日。
一緒に参加してみたいって方、ぜひぜひ待ってます!!

スポンサーサイト

Comment

Add your comment