小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

【はるぽんの挑戦!】KK5級CBT受験してきた 

前回の記事⇒【【はるぽんの挑戦!】KT6級CBT受験してきた

KT5級ってなんだ・・・・?
DAIGO的に言うんだったらKKじゃないのか・・・・?
・・・・・・??

調べてみたら、検定は英語で「a state licensing examination」と言うそうなのでどこにもTの頭文字はないですねぇ・・・いったいどこから出てきたのでしょう。
タイトルをKK5級CBT受験してきたに直しました。

漢字検定CBT受験 

それでは改めて、本日名古屋駅前のテストセンター某所にて漢字検定CBT受験をしてきました。場所が限られますがCBT受験は平日でも受験できるのが強み。開始時間も細かく区切られている日があるのでとても便利です。ただし漢字検定は2級までしか受けられないので、それ以上を目指している私はいつかは全体受験も受けなければいけない日が来るということですね。


本日8月28日(月)午前11時から名古屋駅前の試験会場にて、パソコンを使用して受験しました。
試験時間は説明その他含め90分ですが、飛ばすこともできるため、前回と説明の内容は全く同じなので見るのを飛ばしました。練習問題も得点にはならないので深く考えずささっとやりました。

本試験の内容はCBT受験の規約上発言することはできませんが、思っていたよりも変な問題もなく割と素直な読み書きが多く、すんなり出来たと思います。まだ5級ってのもありますが、問題集をやったことがかなり生きてきた感じです。

今回使用した学習道具は、アプリの『漢検トレーニング』の他に、『本試験型 漢字検定試験問題集』を活用しました。

漢字検定問題集5級 

他の問題集より比較的安価で、本試験と同じ問題形式かつ16回分と多くの問題が掲載されているため購入してみました。基礎的な勉強はアプリで十分で、あとは問題に慣れるということで相性抜群だったと思います。すでに4級の問題集も買ってしまった。

試験を受けた体感としては・・・9割、180点以上は堅い。うまくいけば190点前後といった感じでしょうか。最後の最後の問題、書き問題で「片」の字を止める場所を跳ねてしまったのがおそらく×になってると思いますが、それがどうしようもなく後悔しかない。
普段だったら絶対跳ねないのに、よくよく考えてみたらどっちが正しいのか分からず間違った選択肢を選んでしまった。あひぃ。
まあ過ぎてしまったことはしょうがないので、次の勉強を始めましょう。4級も同じく9割以上得点で合格、できれば9.5割以上で。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment