小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

漢字検定合格証書届いた! 

台風だったのでちゃんと来るか不安でしたが、濡れずに無事自宅のポストに入っていました。若干封筒ふにゃふにゃしてる気がしました。

漢字検定CBT受験をしたのが7月29日(土)
WEB合否結果サービス開始が8日後の8月6日(日)

なのですでに合否の結果を知っていたため特に感動はありませんでしたが、本日8月8日(火)日本漢字能力検定協会より検定結果通知および合格証書が届きました。

漢字検定結果 

斜めにモザイクかけるのって難しい。
無事合格できてました、わーい。まあ6級なので合格できて当たり前なのですが。不合格を受けた中2から〇年ぶりに合格してやりましたぞい。がはは。
当たり前って書きましたが、昨年度の平均合格率を見てみると79.2%と思ったよりは低く、5人に1人は落ちてるんだなーという事実をたった今知りました。まあ基本受けるのって小学生~中2ですからね、その子達相手に何言ってるんだろう私。

合格率が5割を切るのは大体4級以上みたいですね~。そして2級に至っては20%前後まで落ち込みます。まあ2級から8割当たってないと合格できないので当たり前っちゃ当たり前ですね。


ちなみに今回受けた平成29年度第32回
漢検6級の私の点数は・・・
177点/200点
1.読み        20点/20点
2-1.筆順       3点/5点
2-2.総画数    4点/5点
3.熟語の構成   18点/20点
4.熟語作り    12点/12点
5.音と訓     16点/20点
6-1.部首名    5点/5点
6-2.部首     5点/5点
7.漢字と送りがな 8点/10点
8.三字の熟語   18点/20点
9-1.対義語    8点/10点
9-2.類義語    10点/10点
10.同じ読みの漢字 18点/18点
11.書き取り    32点/40点

でした。うん、あまりにも酷い設問事項はなかったので良かったです。まんべんなく適度に勉強してきた成果なのでしょうか。正直9割は取りたかったんですけどね。
あと言ってなかったはずですが、今回試験を受けるにあたって本番形式の問題は一切解いてきませんでした。すべてスマホのアプリ「漢検トレーニング」を使って個々の設問毎に勉強という形を取っていました。それだけでも割と点数取れたかな?

それでも・・・過去問解くのが一番だと思いました。

最後の仕上げと言いますか、個別に設問を解いてるのとはまた違った感じがあると思うので。あとアプリでは「画数」の設問がなかったのでちゃんと過去問やってればこれの存在に気付くことができたという初歩的なミス。

お次は5級を受けることになりますが、受験はおそらく次に名古屋へ大会に向かい、かつ時間の取れそうな9月22日(金)になりそうです。
それまでには9割以上、いや満点を取るつもりでのんびり勉強していきたいなーと思います。勉強というより遊び感覚に近いですけどね。好きでやってるだけで苦行じゃないんだし。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment