小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

闇夜 

最近よく溜息が出る。
昼でも夜でも関係ない。

だけど別に気分が落ち込んでいるわけではない。ただ日常に疲れているような感じがするだけだ。つまらないと言った方がいいだろうか。
退屈である、何か特別なことが起きないだろうかと待ちわびている。こんなこと誰でも感じたことがあるだろう。一部の人に至っては常日頃から感じているのかもしれない。例えば1巻序章のラノベ主人公のように。

それでも私にとっては珍しいことだ。
私はただの日常を退屈だと感じることは少ない。
ここ最近特別多く感じる出来事だと思う。

それはもしかしたら以前から刺激的に感じていたことが少なくなってきたからなのかもしれない。いつもしていたことをしなくなったからつまらないと感じるようになったのかもしれない。

それは例えばよく話す友達との会話が少なくなってきたとか。
それとも今まで走れていた長い距離が走れなくなってストレスが溜まっていたとか。
ナニかのし過ぎじゃないかな、し過ぎは自律神経を乱すと言われている。

夜は考え出すと止まらない。
余計なことが止まらない。
心の闇を作り出す、ほじくり出す。

でもね、こういうことを考えちゃうと、寝て忘れようと思っても、朝起きてもずっと覚えてるもんなんだよ。
寝る前に重たい気分になると、朝までしっかり抱え込んじゃうんだよ。
だからそもそもこんな重たいこと考えるの自体がだめなんだよ。

あーもうしばらく鬱になってないなーって思ってたら。
まだ重度じゃないけどね、まだ。
重症にならないうちになんとかできればいいんだけどね。きっと簡単なことなんだろうけどね。人の心は複雑だからそんな甘くはないね。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment