小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

某30〇シリーズのペー〇ランナーに申し込んでみた 

たった今、緊張の面持ちで、申し込みのボタンを押しました。
エントリーボタン、正確には違いますが大会の申込にここまで躊躇いに躊躇って考えて決断したのもないんじゃなかろうか。初のフルマラソンや白川郷ウルトラの申込時以上の決断力が迫られていました。

滋賀30K 

はい、某大会のペースランナーに申し込んでみました。

もう画像でバレバレです。とりあえず検索に引っ掛からなければいいんだ。
ペースメーカーとも言います。予め設定されたペースで一定に保ったまま最初から最後まで走り通し、一般のランナーの完走の手助けをする役割を担ったランナーのことですね。
一定のペースというのが曲者で、落としてもいけないし上げてもいけない。余裕の設定ペースだからと言って終盤ペースを上げて(上がって)しまっては完走しても役割を全うしたとは言い難いですからね。後半余裕があるとペースを上げてしまう癖のある私にとっては気を付けていかねばならない問題。


この度何故ペースランナーに申し込んだか、その理由はズバリ単純明快。

無料で参加できるからです。

30Kシリーズは大会によって参加費が異なりますが大体4000~6500円程度。私が参加しようと思ったこの大会の参加費は5,500円でして、正直言って高いと思います。30kmを完走するための様々なサポートが詰まった大会なのでその分参加費も嵩んでいるのでしょうが、気軽に参加できる料金ではありません。それでも個人で30kmの練習をするのはなかなか難しい。
そこでペースランナーとしてならなんと無料でこの大会に参加することができます。ペースは決められているので自由が利きませんが、5,500円⇒0円の効果は偉大すぎる。
あとは単純にいつかペースランナーとして走ってみたかったというのはあります。ランナーズマイスター事務局からのメールが届きこの募集のことを知って、この機会に挑戦してみようということでやってみることにしました。

まああれです、申し込みはしましたが絶対参加できるわけではないです。まだ確定ではないのです。大丈夫だとは思いますが、これで出られませんでしたーだったら笑う。
ちなみにペースはフルマラソン換算で4時間以内のペースで申し込みました。本音を言うと3時間30分以内のペースで走りたかったのですが、ペースランナーとして走るには自信がまだ足りないので・・・3時間半切りのペース4'58"/kmでも楽勝だとは思うんですけどね。


それではこの記事を見ている皆様の30Kシリーズへのご参加もお待ちしております(宣伝
時間が空いてたら参加してね!10月21日の滋〇30Kです!


スポンサーサイト

Comment

Add your comment