小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

エロマンガ先生(ラノベの方) 

いま話題のエロマンガ先生をアニメではなくラノベの方に手を付けている私です。いつも大体そうなんですが、アニメが始まり話題になるとアニメは見ずにラノベの方に興味がまず向いてしまいます。
まず原作のラノベを読んで予習をしてからアニメを見ようって思惑なんでしょう(自分でもよく分かってない)。アニメは展開が分かっていようが分かってまいが映像と声が吹き込まれているため、出来が良ければ面白いし出来が悪ければ面白い。
ラノベはぶっちゃけ展開が分かっていると面白さが半減してしまうとうに思います。なので手を付けるんならラノベからっていう考えになってしまったのでしょう。

そんなことは置いといて!
昨日と今日で1巻と2巻の途中まで読み進めました。アニメは4話までで1巻分の話が出ているということなので、1クールで3巻分までやるのかなーと思いとりあえず3巻までは読んでみることにします。読んでみることにする、というか発売されている巻まで全て買うつもりです。

つまり・・・エロマンガ先生、面白い・・・!!

つまりそういうことです。アニメの予習とか関係なしにラノベ単体で面白かったので続きが読みたい。
ただラノベは挿絵がちょっと物足りないというか、量が少ないと感じたのでそこはアニメで補完すればいいのではと思いました。他のラノベと比べてもなんか挿絵少ないかも・・・?
最近ラノベってこのすばしか読んでないのでなんとも言えませんが、このすばは挿絵だけでもごちそうさまレベルなので(そもそもアニメは作画が酷い)満足してしまいました。

実のところ、昔同じ著者&同じイラストの有名な作品『俺妹』を読んだことがありました。ところが自分に合わなかったのか1巻で放り投げた過去があるため、エロマンガ先生に手を付けることに多少なりとも億劫?になっていたわけです。同じタッグのまたもや妹ものだと思うとやはり内容も似たようなものだと思うじゃないですか?

全然そんなことなかった。

すんなり受け入れることができました。めっちゃ癖のある登場キャラしかいなくて「あ、これ苦手だわ」って思うようなことにもならず。正直最初はあの中1くそビッチが登場してきた段階でこいつはやばいって思ったんですが、ちゃんと後まで読むと登場キャラ全員好きになれました。全員かなり癖のある頭のネジが1本も2本も外れた輩ばっかなんですが、それでも正常な人の心を持ち合わせている部分もあって感情移入でき、読む前から懸念していた妹もぺろぺろできそうです。

今のところ一番好きなのは山田エルフ先生ですけど。

山田エルフ 

そういえばアニメ版ではエルフもまだ私が読んでないけど重要キャラ〇〇さんも、ラノベに比べてかなり登場シーンがカットされている?模様です。悲しみしかない。まあ妹メインでということでしょう、紗霧もかわいいからいいんだけど。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment