小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

眼帯をするだけで紅魔族になった気分になる病気 

症状は突然に。

昨日から何の予兆もなく、突然右目に異変を感じました。『黒い色素』のようなものが視界に映りこんでくるようになったのです。
例えていうなら黒い絵の具を水の中に一滴垂らしたようなものが右目に常に見えている状態ですかね。よく虫みたいなものが視界に映るって言われるじゃないですか、ああいう感じなんだと思います。

とにかく「頭に?」が浮かんだ状態のままよく分からずに、目が汚れてるのかなと思って水で洗ってみても取れず、最終的に目が疲れてるのかなという判断を下して寝ることにしました。


翌日

黒い色素+αで視界がぼやけてくる感じがしました。これまずいじゃない?という心配をよそにこのまま安静にしていれば治るんじゃないかな・・・という希望的観測も捨てきれず、経過を見ることにしました・・・すると。

どんどん視界のぼやけ具合が高まってきている気がする。
午前中はちょっと汚れた眼鏡をそのままかけたかのようなかすれ具合でしたが、午後はすごい汚れた眼鏡をかけて見ているかのような視界になってしまっていました。
ああ・・・これほっといたらまずいなと思い、もちろん症状で検索もしていましたがそれが病院に行くことを拒む原因にもなっていて、どうしようかと悩んだ末絶対行った方がいいと結論を出したので眼科に行くことにしました。

ちなみに現在の症状で検索して出てきた、かかっている可能性のある病気の名前は・・・『白内障』。主に老化が原因でなる病気ですが、若くしても稀に起こり得る病気なので可能性としてはある・・・そして症状次第では手術の必要も。いや、薬じゃ治らないから早かれ遅かれ手術は必須なのかな。


病院

初めて入る近所の眼科。ちょっと塩対応の受付さんを通り待合室で待機。
中に入って視力確認やら状況確認をする。その後診察室で先生に瞼を押さえられたり女医さんに頭を押さえられながら眼球を見る。
今の状態だとよく分からなかったということで、瞳孔を開く?目薬を入れてからもっかい診察。黒目を大きくするので光に当てられると普段より眩しく見えるそう。
そんなことはお構いなしにばんばん光を当てられながら眼球チェック再開。ちょっと辛いっす先生・・・そうして下された診断は・・・。

白内障

・・・ではなく、眼球の内部で出血が起こっているとのこと。そうなった原因が全く分からなくそれが多少問題ではありましたが、症状自体は薬と安静にすることで治せるようなので一安心。

今は病院で渡されたわけでもなく自主的に購入した眼帯をして家でぼーっとしながら過ごしています。一気に中二病溢れる見た目になってしましましたが、一般の人から見たら絶対心配されるので大事にはしたくないんですが、眼帯してる方が違和感ないのでしばらくはこれで。

病院で言い渡されたのは、主に運動は控えてくださいということと、眼球の中の液体よりも血の方が重いからなんちゃらで寝るときは高めの枕で寝てください、つまり頭をちょっと高くして寝てということでした。走れないのは辛いけど今の時期でまだ全然良かったですね、ちょうどシーズンオフの時期に入ったばかり。

とにかく手術することなく治るということでほっとしました。白内障じゃなくて本当によかった・・・それでもこうなった原因がよく分からないのがなんとも。
確かに最近電子書籍で長時間本を読んだり寝る前に暗い中携帯をいじったりと目の負担になる比率が前より高くなっていたかもしれないです。本やPCはなるべく離れて見るよう意識は常にしているんですが、なってしまったものはしょうがないですね。

いやね、本当に死の宣告を受けるのかどうかひやひやしておりました。
多少は眼帯をしながら「我が名ははるぽん・・・」とか言いながら紅魔族になって遊んでるくらいには楽天的になっていました。というよりこうやってないと気分が落ちそうでだめでしたね(
ちょうど昨日このすばのスピンオフ「爆焔」を読んでいた私でした。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment