小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

【レポート】第22回香恋の里しもやま三河湖マラソン 

今年もやってきました!愛知県豊田市の山奥、新城市との市境に位置する三河湖で行われる『香恋の里しもやま三河湖マラソン』、おそらく多くの人は『三河湖マラソン』と呼んでいるでしょう。

22回三河湖マラソン1 

第22回香恋の里しもやま三河湖マラソン
場所:愛知県豊田市三河湖
参加者:13.5km(1周)、5km、3km、2km(ジョギング)合計754人


コースも難所ですがここに辿り着くまでも難所。山道をひたすら車で走り大型の車が一台通れるかすら怪しい狭さの道を幾度となく乗り越え、早朝だからか山道ではほとんど対向車とすれ違うことなくこの三河湖に朝7時15分に到着。
スタートは13.5kmの部で10時ですが、受付会場から一番近い駐車場に停めるには早めに来ないといけません。今年は特に参加者が過去最高だった模様で、7時45分頃にはその駐車場は満車になりました。

アップダウンが多いのは当たり前、美しい三河湖を眺めながら走れることがこの大会の魅力ですが、手作り感のある雰囲気がとても好きです。完走証はA4サイズの大きなものをくれますし、なんと1000円分の会場の露店で使える金券が配布されるので財布要らずです!財布要らずなんです・・・今日の反省はズバリ「忘れもの」です。
『財布』と『ランニングパンツ』を家に忘れてきてしまったようです。
・・・長いジャージのズボンで走りました。


<5kmの部~レース展開&結果>
ああ・・・またやってしまった。先月の荒川でも同じ失態をしてしまいましたが、スタートから突っ込みすぎたのです。周りに流されてとかじゃなくて、『今日は調子が良さそうだからこれくらいで走ってもばてないだろう』という謎の自信を掲げてしまい、逆に早くもペースダウン&最初から息の上がった苦しいレースになってしまいました。
三河湖マラソンは最初こそ急な上りがありますが、その後は長い下りが入るのでペースを余計に上げてしまいがちなのかもしれません。その辺りも今後は考察していかねば。来年もほぼ必ず出場するはずですから・・・!

どんどんと落ちるペースと乱れたフォーム。今回特にランニングフォームが全然安定してないなと自分で思っていました。傍から見ると安定しているのかもしれませんが、なんか身体がばらばらな感じがあったのです。ちゃんと身体を運べていないような。
そんなで2km地点以降からずっとはぁーはぁーと息を荒げながらもなんとか粘ろうと踏ん張り、最後の地獄の上り坂を耐えて倒れそうになりながらもなんとかフィニッシュ。
最後の最後でフィニッシュ場所に入るとき下りながらV字カーブするのめっちゃ怖い。3kの部とも衝突しそうになりますし。


22回三河湖マラソン結果 

うーん、酷い。
このコースで18分53秒は立派だとは思いますが、レース内容としてはあまり芳しくないと思いました。やはり最初から息が上がってしまうと後味の悪さを残してしまいますね。
もちろん何気にレベルの高いこの大会で3位入賞は無理でした。無理でしたが。

第20回大会 20分30秒
総合:11位
部門別:8位

第21回大会 19分19秒
総合:10位
部門別:7位

第22回大会 18分53秒
総合:9位
部門別:6位

お気付きだろうか・・・毎年順位が1ずつ上がっていることに。
いやこれほんとに3年後には入賞できるんじゃない?って思えますよね。
でも3年後なんて待ちきれないので、2年以内には部門別で3位に入って大きな賞状をもらいたい。大きな賞状もらうのが今の目標なので!!


22回三河湖マラソン3 

22回三河湖マラソン2 

この大会ではフィニッシュ場所でスタッフの方がハイタッチしてくれるのも醍醐味の一つでしょう!いつも同じ人達なので顔覚えちゃったよ。
1000円分の金券は五平餅、アクエリアス、いのししコロッケ×4、その他なんかに使いお腹を満たしました。そんなにいらんよ!ってくらいの量です。財布要らずです、財布・・・。






スポンサーサイト

Comment

Add your comment