小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

東京マラソン2017の結果を眺めるだけ 

先週の日曜日、2月26日に東京マラソン2017が開催されました。日本のマラソンでは一番の規模と注目を集めるこの大会、私も今年は有名な選手など知識がそれなりに付いてきましたので結果を眺めながらなんか適当に書いていきたいなと思います。ただし外国人選手は全く分からない。

東京マラソンの結果はこちらのサイトを参考にさせていただいております!


<日本人選手上位>

順位 記録 選手
1/8 2:08:22 井上 大仁
2/10
2:09:12 山本 浩之
3/11 2:09:27 設楽 悠太
4/13 2:09:46 服部 勇馬
5/14 2:11:02 今井 正人
6/15 2:11:04 野口 拓也
7/16 2:11:05 高宮 祐樹
8/18 2:12:58 中村 祐紀
9/19 2:13:27 圓井 彰彦
10/20 2:13:29 橋本 崚
*順位(日本人順位/総合順位)

知ってる人ほとんどいないーーーー(知識が付いたとは)
大会前の有力選手やレース序盤で先行していて聞いた名前はあるんですが、どういう選手かは分からないっていう。本で見たことがあるのは設楽雄太選手と服部勇馬選手ですかね。
この東京マラソンが始まるまで、服部勇馬選手は東洋大学の今年箱根を走ったエースその人だと思ってました弾馬違い。兄弟だったんですね!


<知ってる選手結果>

順位 記録 選手
39 2:17:34 松本 翔
81 2:24:45 大野 颯
90 2:25:52 川内 鴻輝
146 2:30:43 猫ひろし

結局あんまりいなかったーーーーー!!!
ケニアで合宿を行っていた藤原新さんはどうやら途中棄権?の模様。ランナーズアップデートには20km地点までしか結果が残っていませんでした。

松本翔さんは『<東大式>マラソン最速メゾット』という書籍を出されている方で私は読者です。サブ10を目指している彼からしたら今回の結果はいまいちでしょうか。
大野颯選手、私が去年参加した富山マラソン2016の優勝者、グランドチャンピオンその人です。地方の大会の優勝者でもこの東京マラソンでは総合81位ということで、この大会の規模の大きさ、レベルの高さを改めて思い知らされました。
川内鴻輝さん、皆さんご存知川内優輝選手の弟さんですね。名前を見れば一発で分かると思います。サロマ湖100Kマラソンで優勝宣言をしたことで有名かも。
猫ひろしさん、カンボジアのお笑い芸人。説明は不要でしょうか?オリンピックでは自己ベストからは遠ざかるも2時間45分55秒で見事完走を果たしその名を刻んだ。東京マラソン2017でも自己ベストならずですが立派な成績。


今まで東京マラソンってあんまり興味なく結果も見ていなかったんですが、こんなにレベル高かったん・・・?
ちなみに上位7人は外国人選手ということですが、例年通りなのか今年が厳しい結果なのか。ただ2時間3分58秒で優勝したウィルソン選手が速過ぎるということだけは分かります。国内最高記録とか化物。

一応私も応募していましたが落選でした。今年も応募するつもりなので東京マラソン2018は走れるといいな~。去年も今年もサンクリと同日開催ということだけは覚えている(オタク感
スポンサーサイト

Comment

Add your comment