小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

『この素晴らしい世界に祝福を!』1巻買った 

電子書籍で買いました。

私の電子書籍デビュー作(自分で書いたとは言ってない)は『この素晴らしい世界に祝福を!』、略称は『このすば』になりました。1巻の発売日は2013年10月に遡るようですが、現在アニメ第2弾も放送されていて人気絶頂のコンテンツっぽいですね。アニメの作画は置いといて。

この素晴らしい世界に祝福を 

挿絵のイラストは三嶋くろね先生、現在ではtwitterのフォロワーが13万人近くと凄まじい知名度を誇っておられます。絵柄もここ数年で大分変った、というか上達していると思います。このすばを見ても同人絵を見ても分かるかなと。

まだ1章までをちょろっとしか読んでいませんがアクア様好きです。同じ匂いを感じます。同人ではアンセルが好き。なんかメインメインになってしまった。


あと重要なこと、初めて電子書籍を読んでみたのでその感想をば。
皆さんご存知kindleにて読んでいますが、若干操作にてこずりました。これどうやったら次読むところの目印付けておけるんだろう、とか挿絵のとこだけ見れないかなー、とかフラッシュカードとかノートブックとか謎の単語がある・・・とか。まあkindleの説明文見ればいいんですけど!私が説明書読まない今どきの子なだけですけど!

まあまあ、それを置いといても思った通り読みやすいかなーとは思いました。紙の本と読みやすさは同等であればそれでいいんです。それ以上である必要はない。
なぜなら電子書籍にする一番の理由はスペースの確保だからです。置き場がなくてラノベを買わなくなってしまった私にまた読む気にさせたのはたまたまiPhoneを購入するとき一緒にどうですかと誘惑に負けて手に入れたタブレットを手に入れたから。本を全く読んでこなかったわけではないですが、少なくとも2年くらいはラノベは買ってない気がする。鬱になったときに読みたくて買うのはラノベじゃなくて自己啓発本だったり自叙伝だったりですので。

電子書籍は新品を定価で買うよりかは安く購入できますが、中古よりかは高いというデメリットもあります。特にアニメが人気なもの、もしくはそれが過ぎ去ったものは中古書店に多く出回ることがよくあるので見つけるのは容易いでしょう。まあほんとに高くてもスペースを取らない電子書籍にするか安くても場所を取る紙の本にするかの選択です。

あと今はわかんないですが、文字を画面で読んでいくと目の疲れが早いとかそんなのがあるかもしれませんね。そこもこの先電子書籍で購入して読んでいくかの決め手になりそう。
そもそもそんなぽんぽん買って読んでる時間があるかと言われるとなさそう(


スポンサーサイト

Comment

Add your comment