小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

【レポート】第42回東浦マラソン 

どうもどうも、市民ランナー中級者の朝野です。
先週の京都亀岡に引き続き本日は東浦マラソンに参戦してきました。

東浦(ひがしうら)とは、愛知県知多郡東浦町のことで名古屋市の南方にある町です。ギリギリ知多半島らしい(じゃあ本日車で知多半島初上陸でした)。あと東浦は大府市の中にあると思ってたなんて言えない。愛知県民なのにこのマラソンで東浦の存在を初めて知りました()

東浦マラソン① 

第42回東浦マラソン
場所:あいち健康の森公園
参加人数:10kmの部⇒1,079人(名簿)、3kmの部⇒836人(名簿)


大会会場のあいち健康の森公園に入りまず驚いたのが会場の広さと大会の規模の大きさ、そして人の多さです。2km、3km、10km、ジョギングの部があり、特にたくさんの小学生・中学生が参加されていました。パンフレットには総勢3,607名の申込があったということで、高校生以上しか出場できない10kmの部が参加者の大半ではない、小中学生の方が多いことが窺えます。

開会式の舞台では逆光になっていて写真がうまく撮れませんでしたが、「知多娘。」の一人東浦未来役の小坂井祐莉絵さんが挨拶の一部やその他もろもろをしながら参加されていました。は~~~実物かわいい~~~!!!

知多娘。の東浦未来さん
知多娘 


開会式が終わり2kmの部が最初にスタート、その次に10kmの部です。
35分以内、38分以内、43分以内、50分以内とプラカードが立っていて予想タイム別に並ぶ形式でした。私は43分以内の位置からスタートです。


10kmの部~展開&成績~
9時35分、号砲の合図でスタート。最初はしばらくやや通路が狭いので混雑しました。そしていきなりの急な上り坂。あれ、HPで確認した坂はまだまだ先のはず・・・と思いながら走行。事前にコース図は確認していたのですが、急な上り坂と急な下り坂が1ヵ所あるな~くらいにしか見ていなかったしその他の高低差が分からなかったので予想の上を行かれました。

東浦マラソンは急なアップダウンと小刻みなアップダウンが大半の面白いコースです^^

東浦マラソン高低差 

GPSウォッチで計測したコースの高低差です。なんじゃこりゃああああああああああ・・・と後から見ても過酷なコースでしたww
平坦な場所はほとんどなく、とにかく下るか上るかその二択です。まあ体感的には全部が全部傾斜があるようには見えなかったんですが、とにかく序盤から激しいコースを目の当たりにして、またキロ4分という超スピードで走っていたので「これは絶対後半潰れるな」と思いながら、それでもそれなりに楽しみながら走りました。
元々記録は求めずに緩く流すつもりだったので後半潰れてもそれは仕方ないなと割り切っていくつもりでした・・・が5km辺り、後続から刺客が。

\\\\\\\\サンタ////////

サンタのコスプレをした全身真っ赤な服の男性が後ろから追い上げてきました。なんで全身コスプレでこんなに速いんだ・・・と呆気にとられつつも、私の中の闘争心に火が着いてしまいました。とにかくサンタより遅くフィニッシュしたくないと、終盤近くまでサンタと抜きつつ抜かれつつを繰り返していました。サンタさんはあまり私のことは眼中になかったと思いますが()

そんなこんなで走っているとあいち健康の森公園に戻ってきてラスト2km、このまま押していけば40分切れる・・・!と最後の追い上げと踏ん張りをして、最後までアップダウンが馬鹿みたいなコースを入りぬけてなんとかフィニッシュしました。


東浦マラソンペース 

わー、まさかまさかの40分台を通り越して39分24秒(大会記録)
自己ベストは8月に庄内緑地公園で出した41分17秒だったので約2分の大幅記録更新。緩やかに流すとはなんだったのか・・・距離を踏んでいた割には11月に記録が伸びなかったため心配していましたが、12月に入った途端大幅な記録更新&今期目標の達成をしてしまい「はわわ~~」って感じです(ぇ

アップダウンが多い割には後半も潰れずいい?ペースで刻んでいくことができました。
これ、1月3日の本命レースと位置付けた新春矢作川マラソンで出すつもりだった40分30秒を軽々更新してしまったので、矢作川マラソンでは本気出さなくていいのしら・・・()


スタート時間がそれなりに早いために終わる時間も早く(11時前には終われる)、その分早く起きて会場に向かわなければ駐車場がいっぱいいっぱいになってしまうんですが個人的にはちょうどいい大会でした。参加者も多く賑わいのすごい楽しい大会だったと思います。
あとオタク要素に知多娘。入れてくるのには草生えました。

来年はどうするか考えますが、いい大会が同日になかったら東浦マラソンにまた出てみたいと思います。坂道の練習になりますからね!





スポンサーサイト

Comment

Add your comment