小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

安城総合運動公園で130分LSD 

130分でLSDって短いですか!?
そうですね分かってます。

LSDとはLong Slow Distanceのこと、長い距離をゆーっくりと走ることで軽度の負担で長距離の耐性を付けていくことを目的にした練習方法です。いくらやってもスピード、スピード持久力は付きませんけどね。
愛知県安城市の街中にあります安城総合運動公園、知ってる方はご存知の通り外回りをしても1周2kmほどとそこまで広くはないので、何周も延々とぐるぐる黙々と走って回っていました。

暑すぎず寒すぎず、晴天でこれ以上ない走り時。


安城総合運動公園 

平坦な道でランナー専用のマラソンコースも敷かれており(現在は一部使用できなかったです)、私以外にジョギングをしている方もいて走る環境はかなり揃っている場所だと思いました。平坦すぎてつまらないと感じてしまうかもしれませんが。

ただ問題があるとすれば・・・公園の中央をぶった切るように名鉄の線路が敷かれているという大変珍しい公園だということです。
なんで線路を跨いで公園を作ったんだww

まあ幸い私が走っていた130分、だいたい12周くらいしていたんですが一度も線路の信号に引っかかることもなくずっと動き続けることができました。ここもマイコース認定にしちゃっていいかな??


超久々にLSDをした感想・・・のろのろとしたテンポが逆に辛いw
遅いペースなのですり足にならないように注意をし、かなりフォームに意識を置いて走っていました。というか長い時間走るのでそういうことを考えざるを得ないくらい暇になるんで。かなりいろいろなことを考えながら走ってましたよーっ。
走った後は脚が固まってしまったと言いますか、かなりの疲労がずっしりと圧し掛かってくる感じがありました。なるほどそれで最後に流しを入れた方がいいって本に書いてあるんですね。遅いペースで固まった脚をちょっと開放したくなる。


その後はフォロワーさんとラーメン食べてカラオケ行きました。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment