小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

【レポート】第36回豊橋みなとシティマラソン 

初めての秋の地元大会。

今大会の正式名称は・・・
『三遠ネオフェニックスメモリアル第36回豊橋みなとシティマラソン』

・・・です。三遠ネオフェニックスとは豊橋市のバスケットボールチームの名称で、豊橋市としては初のプロスポーツチームとして活躍している団体だそう。なんでマラソンの大会にバスケットボール?って思いますが、いろいろ企画で大会を盛り上げてくれるようです。

豊橋みなとシティマラソン36回① 

第36回目にして参加者は総勢3600名以上ということで話のネタにできるというのは会長のお言葉で、10km、5km、3km、2km、ジョギング、車椅子の部と多くの部門が行われる規模のそれなりに大きい大会ということで会場の豊橋市総合体育館は賑わいを見せていました。
屋台も数件出ており、また着ぐるみ(豊橋のキャラクター?)も参戦して子供達にも大人気。愛知県内では久々にお祭り気分の大会に巡り合いました☆

天気は晴天、海の近くなので風が強く少し気になりますがかなり走りやすい感じ。むしろ晴れすぎていて少し暑いかもしれません。そんな中他の部がスタートするのを見届けながら、5kmの部は11時と遅めのスタート。


5kmの部~展開&成績~
めっちゃ速そうな服装と体系をしている人達がたくさんいる。そのエリートランナーの後ろからスタート。序盤は大体みんな飛ばしていくのはいつも通りだったので、それに釣られずペースを抑えめに行きました。下見をしたから分かりますが、中盤に厄介な橋があるのでね・・・。

時計をちらちら見てペースを安定させながら序盤で抜かされたランナー達をひとり、またひとりと追い抜いていく作業。5kmの部はそこまで参加人数が多くないので集団に着いて行くということができず、誰か一人と並走するのは記録が出なくなる危険がありそうだったので、とにかく前の人を発見したら追い抜く、また前の人を見つける、追い抜く、それの繰り返し。まあ後から確認したらわかったことですが、私のペースが速くなってるわけではなくみんなペースが落ちてきているんですよね。橋以外にもアップダウンのある個所があって、そこが地味に厄介なのです・・・。
ぶっちゃけ六条潟大橋(僅か300mほど)は富山の新湊大橋(3kmほど)よりよっぽど辛く感じました。やっぱ傾斜って重要なんだなぁって改めて思った。

豊橋みなとシティマラソン36回② 

地味にあるアップダウンで辛かったけど最後ぶっ飛ばしてフィニッシュ。記録証を受け取るゲートで待っているのはほぼ全員カワ(・∀・)イイ!!女の子。癒されました。
中盤から10kmの部の人達も混ざって同じ部の人がどれくらい前にいるのかよく分からず、とりあえずタイムを確認してこれは10位以内は無理だな・・・と悟りました。


豊橋みなとシティマラソン36回ラップ 
正式な記録は19分27秒。
種目順位は17位/128人中。

うーん・・・微妙。そもそもこの時期にしてはタイムが酷すぎ。
これは反省会が必要ですね・・・。

反省点【回避できない】
・1週間前にフルマラソンを走った
・気温が21℃もあった
・風速5mで追い風と向かい風

反省点【回避できた】
・午前2時半まで起きてたことによる睡眠不足(当日6時半起き)
・スピード練習、5km走(大会)をしばらく走っていなかった
・アップダウンなコースに不慣れ(練習不足?)

今年1月の一色マラソンでもあったけど、私って強風にめっちゃくそ弱いのよね。風があると全然スピードに乗れないんですが何かいい走り方のコツがあるんでしょうか、経験ですかね。
深夜2時半まで起きていたのは、ニコ生でORAS最後のポケモンの大会があったからです。参加しようか迷ってたけど出てみました。反省はしているけど後悔はしていない(ぇ


単純なようで思った以上に難しいコースでした。でも楽しかったです!
来年もリベンジで18分台目指して参加したい。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment