小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

【レポート】三河高原トレイルランニングレース2016 

どうもどうも、私です。朝野です。
昨日まで東京遠征に行ってきたこの脚で、本日は愛知県新城市の山奥で開催されます『三河高原トレイルランニングレース』に参加してきました!不思議と疲れはなく、また1年半ぶり2回目のトレイルランということで大会を楽しむ、遊ぶつもりで行ってきました。


三河高原トレイルランニングレース2016
●場所:新城市作手鬼久保ふれあい広場
●種目:ロング(約24km)、ショート(約9km)
●スタート:ロング10時30分、ショート10時50分

事前に届けられている参加案内に入っている駐車券をもって駐車場に。9時~10時の受付で私は9時ちょうどに到着したにも関わらずもうすでに多くの方が来られていて、駐車場は8割方埋まっていました。まあ事前に駐車場所は決められているので止める場所がないという心配がないのは安心ですね。

三河高原トレイル2016、広場 

受付の鬼久保ふれあい広場からスタート位置に向かうロング(約24km)参加者の皆さんです。私はとてもとてもロングは無理だと判断したのでショート(約9km)の部。
来週には大阪30Kも控えていますので無理はしないで、そもそもトレランの大会の参加経験が少ないのでどの程度のペースでいけばいいのか全然分かりませんw

去年4月に参加したトレランの大会でも10kmより20kmの部の方が参加人数が多かったんですが、トレランでそんな長い距離走る自信ないよ・・・よく走ろうって気になりますね・・・尊敬します。まあ何事も経験なんでしょうね~。


◆ショート(約9km)の部 開始10時50分~◆
号砲とともにレースがスタート。はじめに坂を上ってふれあい広場をぐるっと回り、道路を道なりに進んでいきます。するとあら不思議、すぐに車では通行できない舗装されていない道が出現しました。
しばらくは急な勾配というわけでもなく、キロ5分が普通に保てるぐらいの走りやすい山道が続きます。「あれ、こんなもんなんだ?余裕じゃないか」と完全に舐めた頭で走っていきますが、実際1年半前に参加した愛知こどもの国よりかは楽なコースでしたので気持ちは幾分楽になりました。

それでもやはりトレイルラン、だんだんと険しい道も現れ始め、どうやっても一人しか通れない幅の道や急な勾配の上り坂&下り坂、そして一歩踏み外したらコースに戻ってこれなさそうな崖のような道までショートコースではありますが様々な場所がありました。
一番厳しいのはやっぱり段差が曖昧になっている下り坂。自分で足を踏み込む場所をしっかり見極めて下りていかないと踏み外してすべってしまいそうです。実際前方を走っていた方が一度滑って尻餅をついていました。

まあそこまではいいんです、ものすごくいいペースで走れていましたし順位も何気にいい位置につけているのではと思う程度には周りに人がいなかったため、あのミスは非常に大きかった・・・大ダメージです。

道を間違えました。

トレイルランにはありがちなことかもしれません。全く舗装されていない、そもそもここって人が通る道なの?ってレベルで何もないような場所で「印」だけを頼りにコースを見つけなければいけない場面で、その「印」が私の走っているコース上に見つからなくなってしまいました。これはおかしい・・・道間違えたな。
さらにはすぐ後ろを走っていた方達2人も巻き添えにこちらに来てしまい、3人で正規ルートをきょろきょろしておりました。
しまいには「こっちかも!」と行った先は沼になっていて足がハマったり・・・シューズがすっぽり抜けてしまうほどに人間が歩くには不都合な場所に迷い込んでいました。

正規ルートを走行している人を発見しなんとか戻ることができましたが、2~3分ほどのロスと靴の中までどろだらけになった状態で残り2、3kmを走ることに。
まあこれもトレランの醍醐味だよね!と割り切ってレースに集中し、とうとうゴールのふれあい広場から発しているであろう運営さんの声が聞こえてきました。

最後はみんなスパート!坂道なのにそんな力まだ残っていたのかと思うくらいに駆け抜けて、その中私も少しでも順位を上げてやろうという想いでなんとかフィニッシュ。
私の周りには結構人が固まっていて、5~6人くらいはタイムが揃っていたんじゃないかなと思います。


結果です!!!!!!!!!!!!!!!!!
タイム:46分15秒86
ショート男子18~45歳 13位/60人中
      ショート総合 20位/216人中

わー結構順位良かった!タイムはよく分かりませんが、それよりも200人もいたのかってことが驚きですw
あの集団を全員抜いたら10位以内には入れていたので惜しかったです。そもそも迷わなかったらって話ですが、それは次回の大会でリベンジしましょうね。

はい、ということで来年も出たいと思います!!
とても楽しい大会でした。山奥なので応援はスタッフさんと選手の付き添いで来ている人達?くらいでしたが、それでも最初と最後の沿道の声援は暖かく、また途中途中でスタッフさんが必ず「頑張ってください!」と声を掛けてくれたので気持ちが常に上向きで走ることができました。
完走後は、種類は少ないですが屋台がありそこで昼食を取ることもできます。私は昔ながらの醤油ラーメンを出している屋台ののれんをくぐってみました。

三河高原トレイル2016、ラーメン屋 


大会お疲れさまでした~、次回も出られたらよろしくお願いします。



次回大会⇒【【レポート】大阪30K+10K



スポンサーサイト

Comment

Add your comment