小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

第34回全国新作花火競技大会 

これが正式名称か・・・長野や諏訪湖って名前は入ってないんですね。
以下、HPより引用です。

諏訪湖は、花火の打上げ場所・観覧場所として全国でも有数のロケーションを誇ります。この諏訪湖を舞台に全国の意欲ある煙火師が、従来の枠にとらわれない斬新な発想と独創の技術で創作した芸術性の高い新作花火を競う大会です。

というわけで9月3日(土)に開催された諏訪湖の花火大会に友人と行ってきました!愛知から18きっぷを使い中央線で約5時間かけて。通学する人々や花火大会の参加者と見られる人も多く、座ることができないときもあり辛いものがありましたが、まあ飯田線で行くよりはマシだったでしょうねぇ(



IMG_5735.jpg IMG_5728.jpg

IMG_5743.jpg

上諏訪駅に到着すると溢れるほどの人とたくさんの駅員さん、そして大会会場までのルートに配置された警察、会場内で誘導するスタッフの方々など本当にたくさんの人がいました。
前回の来場者数はなんと30万人だそうで、コミケの1日の来場者数を遥かに超えていることに驚きました。
花火大会が開催されるのは夜7時から8時30分の間のほんの1時間半です。そんな僅かな時間のためだけに30万人が訪れるってすごいことだと思うし、行きはともかく帰りは一斉に人が移動するので誘導も大変なんだろうなぁと。
他人事のように言っていますが、私達は自動車や通常の列車での帰宅ではなく、日が変わる手前に出発する夜行列車での移動なので余裕があるんですよねw
なので大混雑ピーク時の上諏訪駅に行く意味はありません。夏コミのときの国際展示場駅の大惨事を味わうこともありません←

ということで大会会場に着いたわけですが・・・場所が特等席すぎるwww
3枚目の写真にあるパイプ椅子が立ち並び、目の前にすぐ諏訪湖が広がっている文句なしの席でした。友人がずっと前からコンビニでこの席を確保してくれていたようで、割とそれなりに・・・お高い席でしたw
当日購入することができる有料閲覧場所がありますが、大人2,500円でもちろん椅子はなくブルーシートを引いて見ることになります。こちらは場所取りが熾烈を極めますが、パイプ椅子の並ぶこちらの特等席はどこに座ってみてもハズレはほとんどないのでゆったりと場所を確保することができました。なんという貴族。

食料の確保をしようと屋台で何か買ってこようとしましたが、2枚目の写真で分かる通りコミケを彷彿とさせる長蛇の列!列!列!
特に焼きそばや焼き鳥なんかは人気サークル、から揚げが全く並んでなく・・・という列の長短もコミケをリアルに再現しているようでw


しばらくすると、アナウンスとともに開始5分前頃?に余興の花火が打ち上がり、審査員やらなんやかんやの紹介が行われてから花火大会が始まりました!!


花火① 
花火③


ほぁ・・・・・しゅごい(恍惚

愛知県でも各地で花火大会はやりますし適度に見たことはありますが、こんないい場所でこんな遠くまで来て花火を見たことはなく、全国から集まった花火職人がしのぎを削って魅せる花火、しかも過去の産物に捉われない「新作」花火大会ですからね。衝撃は大きかったです。

何枚も何十枚も写真を撮っていましたが、ちゃんと綺麗に撮れているものはほとんどありませんでした。なかなかピントが合わなかったりちゃんと真ん中に写っていなかったり、保存していてほしいところとはズレていたり。
見栄えのいい瞬間ってほんとに一瞬・・・そして花火は瞬間だけでなく「動き」を見るものなんだなーと実感しました。花が咲きほこりはい終わり・・・ってわけでなく、その後も余韻を残させるようなさまざまな動きが職人によって作られていることが見ると分かります。
後ろの席の人がしゃべっていた言葉を借りると「最近の流行り」なのかもしれませんが、花が咲いた後花火の一個一個が真下に落ちずにうにょうにょと不規則な動きを見せるんです。これは写真では絶対お見せすることはできないので見に行ってほしいんですが、相当な匠の技術を必要としているんだろうなということだけは分かりますw

途中、火花が他の花火玉に引火してしまい打ち上がってしまうというアクシデントがありましたが、それを抜きにしても今年の一大イベントとして印象に残る花火大会になったと思います。自分の「空いた口がふさがらない」と見ていて気付いたけれど、気付いても直しようがないくらいに見惚れていました。
そして、写真なんて多少はいいでしょうけど頻繁に撮るもんじゃないですねw
写真を撮ってる時間がもったいないのと撮っても素人ではちゃんと写ってる確率の方が低いし、あんまり携帯を上げすぎると後ろの人の迷惑になるかもしれません。何より心のレンズに焼き付いてるだろ?って、そういうことです(ぇ


いやぁ~、本当に来てよかったです。コミケを超える来場者の中たった1時間30分の打ち上げ時間のためだけだったとしても満足して帰れました。ものすごく疲れましたけどね・・・!!花火大会って疲れるんだなっていい勉強になりました(

夜8時半に終了してからゆっくりと上諏訪駅まで戻り、駅のホームで夜行列車が来るまで臨時列車を撮りまくる友人と一緒に待機しました。この花火大会のためにたくさんの臨時列車が駅に停車していたので、私達以外にもたくさんの人がちゃんとしたカメラを抱えて構えていました。

そして23時32分発の私達が待つ夜行列車が、23時15分頃やってきました。


IMG_5865.jpg IMG_5879.jpg


ムーンライト信州!!!!!

1枚目は上諏訪駅、2枚目は甲府駅で撮ったものです。私の乗ったムーンライト信州90号に続いて10分後に92号が運行するという花火大会仕様の臨時っぷり。
ちなみに92号の車両は特急はまかいじと同じ車両が使われていたようです。私の乗った車両の方が座席の前後の空間が広く、当たりだったようでw

さて、このムーンライト信州は愛知県には行きません。知ってる人は知ってますが、終点は新宿駅です・・・そう、東京。
ということで私の旅はまだまだ続きます!お次の記事の花火大会とは違う別の「大会」レポートでお会いしましょう。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment