小倉洋館☆彡星恋*ティンクル応援中☆彡

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

【レポート】2016年春天竜峡旅行 

天竜峡(てんりゅうきょう)ってどこ?


飯田線

長野県飯田市、飯田線の豊橋駅と辰野駅の中間に位置するのが天竜峡駅です。
勝負レースである穂の国豊橋ハーフの翌日にでも慰安旅行に行こう!と前々から計画していて、この地を選びました。他にも候補地はあって、静岡の伊豆だったり富士だったり、和歌山だったりまた温泉をメインに旅行してみたいなと思っていました。
移動時間」と「まだ行ったことがない県」から判断して長野県の天竜峡に決まりましたが、ちゃんと調べる前までは全く何があるのかさっぱり知りませんでした。知識ゼロです(


天竜峡で何をやってきたの?


①レンタサイクリング
②名勝天龍峡歩遊道散策(1周約2キロ)
③天竜ライン川下り


3月28日(月) 1日目

豊橋駅から飯田線で出発、約4時間かけて天竜峡駅に辿り着きました。途中の秘境駅のどこかで一旦降りて散策をする予定でしたが、一度降りて次に電車が来る約2時間の間、その地で時間を潰す自信がとてもじゃないけどなかったからです。あと食料を用意していなかったので空腹もかなり来ていたため(静岡県の駅に入ってから周辺に店のある気配のする駅が全くなかった)。
秘境駅巡りをするときは事前に食料を確保しておくことをおすすめします・・・!!


天竜峡駅1 天竜峡駅2 天竜峡駅3 

さて、天竜峡駅に降り立つと見えるのは素晴らしい絶景とお店。途中駅でも景色こそ良かったものの売店などは全くなく、ついに観光地らしい観光地に辿り着いたかと感動を覚えました(泣

まずは腹ごしらえ、目に付いたお食事処でてんぷら蕎麦を食べてからいざ散策!
いきなり観光案内所で自転車を借りて①サイクリングに出掛けました!

案内所の方に教えてもらった天竜峡駅から2駅離れた時又駅付近にある天竜橋を通って戻ってくるルートを参考にサイクリング。約8kmの辺り一面に広がる大地を気持ちよく駆け抜けていきました。
特に何かあるってわけでもないんですが、ただただ知らない土地をこうやって自転車ですいすい進んでいけるのは気持ちのいいものですね。ほんとに駅とか橋を撮ったくらいです。

1時間かけてサイクリングした後はマップに従って②天龍峡歩遊道散策をしました!
自転車ではいけない段差の多い1周約2キロの歩遊道を散策、途中5箇所のスタンプ台があり記念にぽん。他に駅や各観光名所でもスタンプ台があり、今まで全く使っていなかったココアさんのノートが役に立つときが来ました(笑
2キロなら余裕でしょって思っていましたが、段差も多く勾配が激しいので疲労ががが。途中何度もベンチで休んではお菓子を食べていましたw
歩遊道の中間、天竜川に架かるつつじ橋は普通に揺れて怖かったです(真顔
展望台から見える光景も絶景、川の色がすごいよね。

つつじ端1 つつじ端2 
つつじ端3 

約1時間で歩遊道を一周し、さてどうしようかと考えていたら天気が怪しい雰囲気。
マップにある温泉で雨宿りもしようと考え訪れましたが解体工事という見たくない看板の出現もあり、歩きつかれてもいたので時間潰しに電車で飯田駅まで行ってみましたw
というか飯田って長野県だったんだ・・・ずっと愛知だと思ってた(

旅館のお迎えが天竜峡駅にやってくる5時20分まで時間を潰した後、辺りが徐々に暗くなってくる頃タクシーで宿泊するお宿「加賀美」さんに到着。ちょっとどの駅からでも徒歩じゃ厳しい場所にありました。
ホテルとも違う少人数でくつろげる温泉宿という謳い文句もある通り、周辺に何もなく客室も少ないなりにとても静かな場所で、慰安旅行にはもってこいのお宿でした。
また温泉も私が今まで泊まった宿の中でもトップクラスに素晴らしく、このお宿にして良かったなと思いましたね。私を含めてどうやら3組しか泊まっていないっぽく、本当に静かな1泊となりました。お宿の人とはおしゃべりしましたが。

加賀美 


3月29日(火) 2日目
朝7時半起床。宿の豪華な朝食を楽しんでゆったりしたら観光の続き。
今日は時間もなんとか合いそうだったので、悩んでいた③天竜ライン川下りをすることにしました。天龍峡温泉港から下流にある唐笠港まで約40~50分、ガイドさんを交えながら舟に乗って景色を楽しむ定期船です。
電車の時間と1回2900円もする料金の高さで乗船するか悩んでいましたが、観光案内所で300円割引券があることを知って決意、10:30の出港で船旅を楽しみました。

IMG_3872.jpg ライン川下り2 ライン川下り3 

川下りでしか見られない景色を見ることができる、しかもこの天竜峡にはそのポイントが無数に存在します。また季節によって全く異なる景色が映るので、また季節を変えて来たくなる。
もう少しすると桜も咲いて賑わいがあったかな?天候は日差しが強く暑さもありましたが、川のそよぐ涼しさと相まって過ごしやすい船旅になりました。ガイドさんは相当暑がっていましたがw

あまりにも絶景が多すぎて写真を数え切れないほど撮りましたが、今回は厳選して3枚だけ。
携帯のカメラだとなかなか綺麗に撮れないから辛い><

終点の唐笠港まで行ったら野生のアヒルさんとネコさんがお出迎え。餌付けしてあるなってくらい懐いてはいましたが。
電車が来るまではかなり時間があるということでマイクロバスで天龍峡温泉港まで送ってもらい、無事ライン川下りも終了。十分に天竜峡を満喫したと思い、少し早いですがお昼頃飯田線で天竜峡を後にしました。

ちなみに帰りも同じ鈍行でしたが乗車時間は3時間半。途中駅に停車する時間の関係で大幅に豊橋までの乗車時間が変わってくるからなんとも。ぶっちゃけ疲れもあり、乗車時間の短い帰りの方が辛いものがありました。
もうかなり満喫しました、思っていた以上に素晴らしい場所でした。というかなんとも思っていなかったんですが(おい
十分観光的には満喫しましたが、「天竜峡温泉健康マラソン」に参加するためにまた来てみたいなーとも思いました。こんな場所走れたらめっちゃ気持ちいいだろうなーと。慰安旅行で来たのに、これもランナーの宿命か(
スポンサーサイト

Comment

Add your comment