小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

【レポート】蒼樹うめ展 in 大阪 

東京での無念を晴らすために。
弟を連れてやってきました。

蒼樹うめ展 in 大阪

【会期】2016年3月19日(土)~27日(日)
【会場】大阪文化館・天保山

蒼樹うめ展4
(※3月21日祝日に来展時のレポートです)

大阪駅から環状線で弁天町駅まで、そこから地下鉄で大阪港駅へ。徒歩5分ほどで目的地の大阪文化館・天保山に辿り着きました。天保山って聞くと大図書館の佳奈を思い浮かべてしまう病気。
あれですね、普段からインテックスに向かう経路で大阪港駅を通過していたんでした。全然気付かずに「大阪港駅ってどこだ」と思い路線検索してました。

弟と待ち合わせをして、いざ参る。
東京では数時間待ちの看板を見て諦めざるを得なかった蒼樹うめ展でしたが、今回大阪会場での待ち時間は・・・30分でした。

あれ、もしかしてヌルすぎ!!?

3連休の最終日でしたしかなり覚悟はしていたのですが、気が抜けてしまいましたねw
まあ早く入れるのであればむしろ有り難い、2人揃って入場し待機列に並びました。
大体15~20分程度で展示会場に入ることができました・・・できましたが・・・。


~蒼樹うめ展入場~

撮影禁止ということで拙い言葉でしかお伝えすることはできませんが、入ってまずはうめてんてーの年表ブース。子供の頃の落書き・絵日記から現在に至るまでの絵が時間軸で壁に並べられています。軸中心の版画展で飾られているような感じの額に入って、とても歴史的価値の高そうなオーラを出しています(適当

大きいフロアを自由に見て回る形式ではなく、狭い通路の一本道を絵を見ながら奥に奥にと進んでいくやつですね。

それでも自分のペースで見ながらどんどん奥に進んでいけばいいんじゃないのって感じなのですが、入場前の待機列をそのままに少しずーつ少しずーつ、ゆっくりゆっくりと列で移動していく流れでしたww
ほんとにゆっくりペースなので、奥に進むのにめちゃくちゃ時間がかかります。年表ブースの次にあるひだまりブースの途中でなぜかその列は解消されて各自自由に見ることができるようになりましたが、そこまで見るのに約1時間はかかる始末w
上のフロアに移動してまどマギブース&他社アニメのエンドカードなど全て見終えた頃には2時間を超えるという。1000円払ってそんだけ満喫できるのであれば本望ですが、まさかそこまで居ることになるとは全く思っていませんでしたw
いやぁ、それでも一人で来てたら確実にしんでました。蒼樹うめ展にこれから来られる方は二人以上で来ることをおすすめします(

列の話は置いておいて、唯一撮影が許可されていたひだまり荘を実体化?したブースの様子です。とても興味深いブースでした。

蒼樹うめ展1 蒼樹うめ展2 蒼樹うめ展3 

ベッドの上の「乗らないでください」の注意書きで草生える。
冷蔵庫の上の電子レンジ、あれちょっと高すぎて使いにくくないですか。そうでもないんですか。
ゆのっちのやつ、なぜか裸の状態で服を胸の前で掴んでるだけのように一瞬見えたのですが、私の頭がおかしいだけですか、そうですか。

展示物を通して、ひだまりは最近の原作で見ていない分だけではなく昔のイラストでも見たことのないレアなイラストも展示してあり、またうめてんてーが直接壁に書いた注釈?のような文字も見ることができ、次は何があるのだろうと関心が尽きることなく最後まで進むことができました。展示の大半はひだまりとまどマギですが、ここまでたくさんの魅力的なイラストを、1枚1枚が本当に魅力的で時には何分でもずーっと見ていたいものが見つかったり。撮影禁止ですがこれはどうしても撮りたかった!!って思うものもあったり。
またひだまりが連載されて10年もの歳月が流れているので、今と昔のイラストの違いが発見できたり、うめてんてーの全てを知ったような錯覚になりそうでした。

あとあと、展示物だけではなく、うめてんてーがイラストを描く一連の流れを動画で説明したブースもあり、その動画では実際にうめてんてーが描いている様子が映し出されていました。マスクしてるとはいえ、本人かよこれwwwって、ここまで見せるんだ、すごいね(
冗談は抜きにして、絵を描く様子が見れるのってほんとに貴重だから感動しました。

2時間以上に渡り見てきた展示会、来てよかった。
ここまでとは想像していませんでした、ちょっと軽い気持ちで来てみたらこりゃたまげたわって感じです。遠方からでも来る価値はありますね。
特に原作・アニメの分かる人と二人で来ると話題が尽きないかと思います。それでも静かな展示会なので、あまり大きな声で話すのは止めましょうねっ。


最後に物販ブースを通って、特に買う予定はなかったけどここまで見たのだからと記念メダルを購入しました。大阪ver.ということで、東京にはない限定品。
「う」の自己主張がすさまじい。お風呂入ってるうめてんてーほっこりする。
今日の思い出の印であるこのメダルを部屋にずっと飾ることにしましょう。

蒼樹うめ展メダル表蒼樹うめ展メダル裏
スポンサーサイト

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.03.22 Tue 01:14
Edit | Reply |  

Name - 朝野晴季  

Title - 

>通りすがりの方
わー2日目に参加されたんですね!20日はサイン会が行われていたと思うので、期間中一番の人が押し寄せたのではないかと・・・私の場合入展時は13時頃、出てきて物販に参加できたのが15時頃でしたが、ほとんど人は並んでませんでしたよ~。
メダルにそ、そんなに秘密が・・・!?ちゃんと目を凝らして見るとそれっぽい感じではありますが、俄かの私には言われないと分かりませんでしたねw
2016.03.22 Tue 09:46
Edit | Reply |  

Add your comment