小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

2015年を振り返る 

もう今年が終わろうとしている。
早いな、早すぎる。
生きてきた中で一番に早かったのではないだろうか、2015年という年は。

お疲れ様です、朝野晴季です。
『2014年を振り返る』から早1年、今年も今年あったことを振り返りながらこの1年に終止符を打ちたいと思います。もちろんまだ冬コミ、レースが2大会残っているのでそちらも全力でやりきります。12月31日まで大忙しです。気が付いたら来年になってそうです。
最初に言っておきますがめちゃくちゃ長い記事になりますので覚悟しておいてくださいまし!!


まずは去年の反省の記事を見ずに、今年を振り返って単純に思ったことや良かったこと、どうしたらもっと良くなっていたかなどを見ていきましょう。
今年多くの時間を割き重要な項目となったのが『マラソン』『仕事』『即売会』の3つです。これに尽きます。

即売会は毎年のことなので言及することもほとんどないでしょうが一応。2015年に参加した即売会の数は10回、内訳は東京8回・大阪2回です。毎年参加しているイベントに加え、みみけっとやコミティアなど今までなかなか参加することのできなかった中規模の即売会に参加できたことは良かったです。特にコミティアは島中での宝探しに至福の時を感じることができるとても良いイベントでした。
大きな即売会に気を取られ中規模~比較的小さな即売会に目が行っていないのが現状かなと思います。もちろん金銭的な面もありますが、2015年は名古屋のオンリーイベントなどにも一度も参加していないことになります。その理由が忙しいとかお金がないとか以前に全く自分で調べていないため即売会の存在自体を知らないだけです。小さな即売会だったら会場時間前から並んで~などする必要はないと思われますので、例えばマラソン大会で名古屋に行ってたまたま即売会も同日に開催している、じゃあちょっと行ってみようかな程度でも参加する意思を持ちたいなと。マラソン大会で名古屋を訪れる日はほとんどが大須にちょっと寄って帰宅するということが多く、せっかく名古屋に来たのだから時間をもっと有効活用したいというのがありますね。
あとあれですね、一回の即売会に費やす金額が去年までに比べて格段に増えている気がします。これも当然っちゃ当然で、単純に収入が増えたのでその分イベントに回していること。そして好きな絵師さんが増えたことです。特に夏コミは過去最高の予算15万とかいう金額を用意することができたので欲しい物を欲しいだけ買えたり、それでもまだ回っていれば買えたものもたくさんあったのでコミケって怖い。多分30万とかあっても余裕で使い切っちゃうんだろうなぁ・・・って夏コミでは実感しました。

絵師さんについて。上記の3つの項目にはありませんが、即売会のお話に大きく関連することなりますので流れで、またこの話題だけで書きたいことが山ほどあるので枠を取らせていただきます。
今までは「絶対にここはフルセット確保したい」と思うサークルは無人少女だけでした・・・でしたが、CANVAS+GARDENの存在、ここも見逃すことができなくなってしまいました。両方を全て確保するとなると軽く3万以上は飛んでしまうため、必然的に必要出費が増えていくのですね。りこさん以外にここまで好きになった絵師さんはいなかったため、自分の中でも相当葛藤しました。5月のコミ1の段階で「みゆてんてーはりこさんを超えてしまった」などと思うこともありましたし、その間の即売会では無人とカンバスでどちらを初手にするかなど天秤にかけることも実はありました。記事にも書きましたがジークレーも買ってしまいましたしね(
とにもかくにも宮坂みゆ先生の存在は私の中で大きな、大きすぎる存在になってしまい、とまどいが隠し切れませんでした。5月~7月頃の闇を抱えていた原因の一部でもあるかもしれません。
去年からkaroryさんとかに浮気だなんだのTwitterで言われていたときもありましたが、冗談半分での発言がほとんどだったでしょうし私自身もそんな感じで冗談で言ってました。ただねぇ、みゆ先生は冗談じゃ済まないんだよなぁ・・・正直このブログのタイトルでやってていいのかなぁとさえ思うこともありました。
現在はですね・・・なんだかんだでりこさんの方が好きだということで落ち着きましたw
むしろみゆ先生の存在があったからりこさんの自分の中の「好き」を再確認するきっかけになったのかな。ここらへんはもう言葉で言い表すことができません。もう好きなものは好き!好きすぎるものに順序を付けるのも不毛な気はするけど、一番はりこさん!理由はなんとなく!それでいいじゃないか。
悩んでいた時期はどこへやら。いろいろと吹っ切れまして、今は幸せな日々を送っています。好きなものが多いことで悩むよりも、好きなものが多いことの幸せを噛み締めたい。そんなところです。

マラソンの話。主に日常の練習と大会に分類されますが、まずは大会について。
2015年にマラソン大会に出場した回数は22大会、内訳は愛知17回・滋賀1回・大阪1回・京都1回・東京1回・富山1回です。基本的には愛知県内での大会がほとんどで、マラソン大会のためにかけた交通費もそれほどではないことが分かります。次に大会出場のためにかけた参加費の総額は約74,000円です。・・・・・ん?
ま、まさかこんなにお金かかっていたとは・・・平均すると1大会に約3,300円の参加費がかかっているようです。それでも即売会2回分ほどで22大会に出られていると考えると、かなり得をしている気分になりますね・・・・!いや、割と本気で。私にとってはマラソン大会も楽しいイベントの一つなので、こうして積極的に多くのイベントに参加できていることは大変喜ばしいことだと思います。来年も(少しは減らしてもいいくらいですが)この調子でやっていきたいです。
さて、お次は練習について。12月22日現時点での今年の走行距離(レース含む)は1655kmで、1ヶ月平均137kmに換算されます。最長距離を出したのは11月の200.65kmです。
こう見ると意外と走っているなーという印象があります。というのも、今年上半期はまだまだ長距離を走る走力はありませんでしたし、夏頃~秋にかけて膝の故障が長引きあまり長くは走れていない感じがしていたからです。足の痛みについては現在もまた別の部位だったり同じ膝が気になることもありますし、走り方や練習の仕方など根本から改善をしていったりいろいろと試していかねばならないところがたくさんあります。現状のまま続けていけばいいというものではありません。故障をいかにしないで練習を続けていけるか、課題はこれに尽きます。無理をしないことが一番なんですが、なかなか難しいですね。でもまだまだマラソン人生はこれからなんだとあまり暗くならずに気長に考えていきたいものです。私はいつも目先のことに捕らわれすぎる傾向にあるため、もうちょっと物事を大きなスパンで見ることができたならーと常々思います。
補足として、シューズやウエアなどマラソングッズに費やした金額は約54,000円です。マラソン関連で確実に12万以上は使ってるぅぅぅぅぅぅ(((
最後に各距離ごとの今年の自己新記録をば。去年は1大会しか参加していないので、今年が実質の『起点』となり、ここからどこまで目標に近付けるのか、目標の上方修正をしていけるかが課題になってきます。
5km⇒19分34秒:第28回庄内緑地マラソン(11月22日)
10km⇒42分05秒:マラソントレーニングvol.25(7月4日)
ハーフ⇒1時間31分23秒:第1回京都亀岡ハーフマラソン(12月6日)
マラソン⇒3時間55分47秒:富山マラソン2015(11月1日)

仕事が日常生活の大半にはなります。これは完全にプライベートなことなのでここでは多くは語れないかな。ただ言えることは、現状のまま進もうとは思っていないことです。
仕事は自分の能力・スキルを上げるだけでなく人間関係を円滑に、上手に扱っていくために必要な材料がごろごろころがっていますね。私は誰とでも分け隔てなく話せる・・・というタイプでは全然なく、また自分から話しかけられるほど口が達者でもありません。そう思っているだけでほんとはやろうと思えばやれるのかもしれませんが、一人で黙々と作業をするのがどちらかというと好きなので、最低限より一歩手前程度でしか同じ職場、特に上の人ですね、の人には関わっていませんね。もちろん話しかけられればそれなりに会話もしますし、別に全く自分から話さないわけではないですが、やっぱり自分でも納得がいっていない。
これについてはもう結論というか原因が分かっていて、他人に興味・関心が足りないから話しかけられないんだということです。関心がないと相手のことが分からない、というか知りたいとも思わないから自分からしゃべらないのも当たり前ですね。仕事上でもまったく雑談やら日常会話をしないというのはないので、なんというかなんというかですよ。
しゃべっても自分のことだけーとか完全に自己中ですからね・・・そんなのにはなりたくないので、物凄く悩んでいるわけでもありませんが、改善していきたい仕事での、いや日常も含めた命題なのでした。これができればきっともっと仕事が楽しくなるはず。


ここまでが「今年だけ」を見た各項目の感想と反省とまとめですかね。
あんまりまとまっている気はしませんが、自分なりにまとめたつもり。

ここからは去年の自分がどう思っていたかについて今の自分がどう思っているのか、進歩どうですか?ってやつですね!!!振り返っていきたいと思います。


~追記2015/12/23~

去年の記事『2014年を振り返る』をざっと見返してみた感想。
「以前の自分、相当病んでたんだな」
こんなにも苦しんでいたこと、辛かったけど乗り越えてきたんだ。
今年を振り返るのと明らかに異なる点は、精神的な面をひたすら綴っていることでしょうか。もちろん「その年にあったこと」も書いていますが、本題は自分の想いの中身です。過去を引き摺っていてそれに対しても対処だったり決別だったり。なんというか重みが違いました。
最後の3行に書かれていたこと、生きることは辛いね、そんなことはないよ、今ならそう自分に言えるような気がする。これだけでも明らかに今年とは違うなって気付かされました。

なぜなら、「生きることは辛いね」、この質問を投げ掛けられた私の今の答えは

そんなことはないよ
すごく、楽しいよ、生きることは幸せだよ

今ならそう答えられます。
去年ですら「そんなことはないよ」までしか言えなかったのに、どうして僕は・・・ここまで、言えるようになったんだろう・・・なんで、なんでだろう。
よかった・・・よかった・・・たった2年で、苦しい時期を越えて、この答えを言えるようになった自分が・・・よくがんばったね。

特別なことはしていないつもりです。誰でもできることを、ただ自分は今までしてこなかったことをちょっとずつ始めていっただけ。それでも「打ち込めること」があったから、悩む暇すら与えられないくらいに打ち込めることがあったから、嫌なことに打ち勝てたんだって。
思ったよりも短かったです。めっちゃ長い文章を書いていた気がしたんですが、今振り返ってみると、昔の記事はあっという間に読めて、あれ、私の悩みってこれだけだったの?と軽いことにさえ思えてきてしまいます。だって今が楽しいから。
2015年、今年のすでに書いた振り返りを見ても文章量が全然違いました。それだけ今年は書きたいことがたくさんたくさんあったんだなって思うと、ほんとに幸せだったんだなって改めてそう思います。
もちろん辛いことも少なからずあって、かなり病んでしまったこともありました。それでも去年までよりは立ち直る早さも数段上だったため、楽しいことの方が思い返すことは遥かに多かったのです。それってやっぱり打ち込めることがあったからこそなんじゃないかな。


「今年やろうとしていたけどできなかったこと」
もう今年終わりでいいや・・・と思わされた2014年の最大のイベント花咲ワークフェス、ライブイベントですね。今年は実は一度もライブに参加していませんでした。毎年参加したいと思いつつも結局後回しになってしまっている。
音楽をあまり聴かなくなったことも原因の一つでしょうが、自分からライブを探さないこともライブに行かなかった原因。まずは探すところからですね。でも「来年は自分からライブを探す」と曖昧な感じで決めるだけでは結局やらずに終わりそうなので、掘り下げて出たいアーティストやアニメを絞るとか(今だったらゆるゆり行けそう)、日付から探してマラソン大会後に一緒に参加してみるとか。やらないことにはやらないだけの理由があると思うので、じっくり考えてみる必要がありますね~。昔のゲームで「王道には王道たる理由があるんです!」などと謳い文句もありましたし。
まあライブに参加するにもお金が必要になりますけど・・・ね?

お次に「即売会」と「マラソン」以外にも趣味を見つけること。これは・・・なかなか難しいですね。かなり曖昧ですし。趣味というか特技と言った方が正しいかもしれません。資格とか技術とかそういうやつ。
何かねー、突出する何かが欲しいんですよ。一般市民が大抵できない何かが。マラソンは運動系なので、こう文化的なやつとかね、知識だったり。うーん、すごく曖昧だ。
実はこれまでにも某資格取得通信教育を受けていたことはありました。ただどれも中途半端なまま放り投げてしまい、続かなかったんですね・・・マラソンは続くのに知識系のことはどうしても続かない。なかなか途中経過の達成感が得られにくいというのもあるでしょうか。
資格取得は試験でボーダーラインを超えることで初めて意味がる。駄目だったら落ちる。1か0の世界のように思われますし、受かってしまったらそれはそれで終了になってしまいそこでゴール。はいお疲れ様でした。うーん、このネガティブな考え方から変える必要がありそう・・・。



最後に・・・。
うわー!ここまでめっちゃ書きましたね!最後まで読んでくれてる人なんているんだろうかw
実は書きたいことはまだまだまだあるのですが・・・もう他の記事で書けよ!ってなるので。
ここまで生きてこれたのも多くの人に支えられたから。よく見る綺麗ごとのように思えるかもしれませんが、病んで死にたくなって悩んで自分のことしか考えられなくて、立ち直ってようやく自分以外の辺りを少しだけ見渡せるようになって初めて気付く。あれ、一人じゃなかったんだ。
悪いことひとつで良かったこと全部を忘れてしまいそうになる私がそうじゃなくなって。ようやく他人を気にする余裕が生まれて。そうなればもっと人生は楽しく生きられるんじゃないかなって。あ、言葉はUVERworldの「哀しみはきっと」から借りています。
歌の歌詞にはいくつもこの胸に刻みつけられることがあります。Twitterのプロフィールにしばしば書かせていただいた歌詞があって、「生きていくための賢さを 今ひとつ持てずにいるの」があります。これはGLAYの「pure soul」という曲の歌詞なのですが、今も私の心に深く残っています。GLAYは親の影響で子供の頃から聞いていましたが、大人になって初めて歌詞の意味だったりどういったことなのかが分かってきて、やっと自分が大人になっていくことが実感できる瞬間です。
いや、まだまだ大人になりきれていないのかもしれないです。自分だけじゃなくて、他の人も、周りも見えて、世界が見えてきて経験してようやく大人になっていけるのかもしれません。

大人になれるように、生きていけるように
そして最後には支えてくれた人に感謝できるように

スポンサーサイト

Comment

Add your comment