小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

【レポート】第2回愛知こどもの国トレイルランレース 

説明しよう、トレイルランレースとは・・・!!

舗装された道路や平坦な土の上を走る通常のレースとは異なり、ハイキング道や林道、山道を走り競うレースなのです!
もちろん勾配の急な坂道であったり足元が不安定な場所も多いため、無理に全ての道を走る必要はなし。トレイルランとはアウトドアの一種なのだ!


・・・と昨日トレイルランレースに初めて参加した私。
愛知県西尾市にあるこどもの国で行われたレースに参加してきました。


西尾トレイルラン1 


天候は生憎の「」。

雨天でも決行されるのがマラソン大会ですが、今回はトレイルラン。ただでさえ足場の悪い山道に追い討ちをかけます。これは大変なのでは・・・と思う反面「ま、なんとかなるでしょ」の(根拠のない)精神が働いて、スタートはほぼ先頭の方に陣取ってしまいました。
どの大会でも大抵そうですが、スタート位置は自由なのです。前の方に行きたいと思ったら前の方に陣取っていいし、後ろからスタートしたいと思ったら後ろの方に待機しておけばいいのです。

先に20kmの部がスタートし、10:05に私が出場する10kmの部もスタート。
天候的に雨具を着た方がいいと直前で判断し、ポンチョを装備することに。

雨天のトレイルラン・・・完全に舐めてました。

2km~3kmの地点ですでにへとへと状態。息は乱れ上がり、逆に足を上げるのが困難になるくらいしんどくレース終盤のスパートをかけた後のような感覚でした。
舗装されていない道を走ることがこんなにも大変だったなんて・・・というか半分以上は雨のせいですな。歩いても滑っておかしくないような箇所は山ほどありましたからw
上りは辛く、下りも滑るので思うようにスピードが出せずふんばりながらの降下で足に負担が架かります。途中舗装道も走りますが、また山道の繰り返し。

もうトレイルランなんて走りたくないと早くも後悔の念にとらわれるも、後半からは徐々に慣れてきて自分のペースを掴むことができてきました。ただ山道は狭いため前の人を追い抜くということがなかなか出来ずにやきもきする場面が多くありましたが。
4kmの地点で雨も止んでいたので、邪魔なポンチョとはおさらばしていました。

最後は余った力をすべて出し切りスパートをかけてフィニッシュ!
割とマシだったスタート周辺の道路もすっかりべしょべしょに。

西尾トレイルラン2 


雨の中のトレイルランお疲れ様でした!!


結果は身バレになるのでお伝えできませんが、初めてのトレイルランでしかも前半からばててた身としては思ったよりもいい成績でしたw
ちなみに10kmの部参加者133人中半分には入ってます。リタイアした人が少なかったのも意外でした。
やっぱりこれも「慣れ」なんでしょうね。普段から勾配の急な坂道のトレーニングはしていますが、足元の不安定な林道、山道を走ったことはなかったのでうまく走れないのは当たり前ですね。


土砂で汚れた身体で満開の桜を眺めて心を清めながら帰宅しました。
ここまでの数の桜を見るのは今年初めてかも。

西尾トレイルラン3 

西尾トレイルラン4
スポンサーサイト

Comment

Add your comment