小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

【レポート】花咲ワークフェス2014 

遅くなりましたが、11月24日に行われた花咲ワークフェス2014のレポートです。
多くの人からはサガプラライブと言われていて、16年間に渡ってサガプラより発売された作品に関わっているアーティストさん方が出演されました。

SAGA PLANETS FIRST SONIC 11月24日開催!

前日のマラソン大会から引き続きの早朝に家を出て、在来線で神奈川の横浜駅まで、そして滅多に使わないみなとみらい線でライブ会場のある元町・中華街駅に。そこからライブ会場の横浜ベイホールまでは徒歩15分、初めて訪れた地でありますので・・・もちろん迷いました。地図を見ながらでも迷う、方向音痴の鏡ですね!

会場に着きました、迷いながらもなんとかね・・・朝から来ていた友人Eに少し会って物販に並ばずにまた駅まで逆戻り。今度は後から大阪からやってくる友人Hと合流。この友人Hと今日は主に行動するということに。
時間が経つにつれて寒くなりどんどん人も集まってくる、いろいろあって最終的には自分含めて4人(+1人)で集まって待機・入場・ライブを共にすることに・・・!
総勢900人以上ということもあり入場に時間がかかり、予定開演時間を30分?ほど過ぎたところでようやくライブが開始されましたね。

オールスタンディングであります。指定席でないライブは3年ぶり、ゆるゆりの七森中りさいたる以来となりました。チケットの番号はほとんど意味を成さず、会場内どこにでも行こうと思えばどこでも陣取れるあれ。ただでさえライブは2年ぶりなのに全席起立とか私大丈夫かって内心不安でしかありませんでしたが、始まってしまえばもう関係ない・・・やってくしかないんです!
それにオールスタンディングなら番号が離れている人とも一緒にライブを楽しめるのも利点。とは言っても今回は連番を取っていたので指定席でも全席起立でも関係なかったですけどねw


暗転、各々がそれぞれざわついていた会場も全員の「おおー!」という声、一瞬でライブ会場の人々が一体となったのを感じましたw
結衣菜さん(キャラは沙弥だった)からの有難い注意事項でテンションも上がり・・・・

ついに花咲ワークフェスのスタートしました!!!

忘れていたライブの感覚もなんとなく取り戻し、魂に点火した曲となったのははつゆきさくら挿入歌の「メリーゴーランドをぶっ壊せ」。これで私のテンションもMAXになりました・・・!
やったことのある、それも大好きなゲームの曲が生で聴ければそりゃもうおかしくもなりますなwww
同じく前半の「Rolling Star☆彡」でもテンションを加速させられましたよ!Larval Stage Plannigのうちのお二人は卒業されたので、今回は桐島愛里さん単独でのライブに。

ただ前半だけで・・・相当疲れてしまっていました・・・w
もう肩がね、上がらないの。あまり身動きの取れない会場の狭さもありますが、ライブってこんな体力もってかれるっけって再確認。あまり知らない曲でセルフ休憩していきながら後半戦も続けていきました。

あ、ちなみに中間でサガプラの最新作花咲ワークフェスの宣伝もありましたよw
相変わらず妹がめっちゃくちゃ可愛かった。今回声優人の声を聴くのは初めてだったのですが、ヒロインの性格とばっちり合ってる感じですごくいいと思いました。あんな声で甘やかされたい。
一人桐谷さんがいた気がするのは気のせいかな・・・???(

後半戦も終盤にかかり、私が一番聴きたかった曲がまだ来ない、まだ来ないと悶々としておりました。KOTOKOさんは序盤にすでに出演されていたのでおそらく次に出てくるのは最後、ということはあの曲もラストを飾るのでは・・・と期待が高まる中終盤で再度KOTOKOさんの出演。二番目に聴きたかった曲「Floating up」で会場のテンションもフルスロットル。私も今までで一番暴れました。前後ろと詰まってきてライブ序盤のときよりもさらに身動きが取れなくなってしまっていまいたがそんなことはお構いなしに飛び跳ねまくりました!!!

そして・・・・最後の曲。
あとはもうあの曲しか残ってない。
駄目ですよ、もう。
一番好きな曲を最後に持ってこられると・・・・。
駄目なんですよ私、泣いてしまいます。

泣いてしまいました。想いがこみ上げてきました。
はつゆきさくらOPテーマ 「Presto」

暗いので誰にも見られていなかったと思います。一人でひっそりと。
最後のlalala...と皆で波を作るときも。また涙が溢れて。
こんなに最高のlalala...をこの場で感じることができて。

あとなぜかこの曲を聴いている途中、嫁は桜ただ一人だけだって誓っていました。なんなんでしょうねw
その後後半戦も終わりライブ会場は灯りが微量の闇に包まれましたので、本当に自分が泣いてるところは誰にも見られてなかったと思います。3年前とは違います。

アンコール後のまさかのKOTOKOさんの「Hesitation Snow」カバー。メンバー総出演で花咲ワークスプリングOPテーマ「Girl meets Love」を熱唱。長いけど短かったライブが幕を閉じました。


今年はもうこれで締めくくってもいい。
それくらいに最高のライブに、少なくとも自分の中では本当に最高に。
特別な想い入れのあるゲーム、そして友人と一緒にこの場にいて。
これだけでも新しい一歩をまた踏み出していけるんだって、そう思っていたのに。


最後に神様からの贈り物がありました。


メンバーからのサインボール。舞台から一人一人お客さんの方に投げていきます。私達は1段目の後ろの方にいたのでほとんどボールは来ないだろうと皆思っていました。
ただ一つを除いて、それは私の手元に落ちてきました。Twitterで上げた画像になります。


サインボール 

私の人生においてなくてはならない日になりました。
出演者の方々、サガプラネッツさん。
会場で一緒に盛り上がってくれた皆さん。
事前販売で落ちたところにチケットを譲ってくれたH氏。
仲直りしてくれたH氏(上のは別人)。


ありがとうございました。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment