小倉洋館☆彡星恋*ティンクル応援中☆彡

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

karory画集と行く!三重県JRぶらり旅 

タイトルで「何のこっちゃ」と思う方が大半かと思います。
つまりこういうことです。

朝野「karoryさんの画集を買いに名古屋まで行くぞ!」
朝野「青春18きっぷを使って行きたいけど名古屋に行くだけじゃ元が取れないな」
朝野「よーし、ついでに三重に旅行に行っちゃおう!」
朝野「あ、ハードカバーで160Pもあるから画集重い」

重い重い画集をカバンに入れ、三重県を日帰りほぼノープランで探索してきました。


8月8日(金)早朝
雨のきみどれ事件を教訓にそれほど早く行かなくても皆並んでないから大丈夫と心に決めて、でも不安もあるのでそれなりに早い時間に名古屋のとらのあなに向かいました。
そして店舗の前に到着、そこには5~6人ほどのサイン会目当てで並んでるらしき人達が。その中には前回きみどれのりこさんサイン本で一緒に並んだ方もいました。知ってる人がいると大分落ち着きますね、時間も潰せますし。

10時半頃に整理券をいただき、11時開店!
列の最後尾が途中で変わってしまったこともあり、私はなんだかんだで2番目に画集を購入させていただきましたw
特典の色紙ももらい本日の任務完了!

IMG_5056.jpg

限定版のイラストを飾ったケースの中に通常版のイラストの画集が収納されている感じです。つまり限定版を買えば限定版と通常版のイラストが同時に手に入るため、通常版もわざわざ買わなくてもいいってわけですね。
限定版は4,800円と結構高かったですが、まあいい物ですしモーマンタイ。


8月8日(金)正午
画集を購入し早速名古屋を離脱。『快速みえ』に乗車し三重県を目指します。
初めて乗る路線、初めて見る景色に心を弾ませながら、最初の目的地は桑名。そして県庁所在地である、最後に誰もが聞いたことはある鳥羽(あるのか・・・?)。
地図で見るとこのように移動したことになります。

三重県地図

この三点が『快速みえ』1本で全て訪れることができます、物理的には・・・ね。
今回私は18きっぷを使用しているのですが、鉄道に詳しい方や地元の方は気付いているかもしれません。なんで乗れているのかを・・・まあ私も後から知ったので、今回は何も言わないでください()

【桑名市】
愛知県と隣り合わせの街桑名(くわな)が最初の目的地。ここだけはとりあえず行きたいと決めていました。
その目的とは・・・それはこれです、桑名カレー!
IMG_5002.jpg

ポークカレーとビーフカレーが同時に楽しめる桑名市発祥のカレー『桑名カレー』、こちらを食べてきました。桑名シティホテルのレストランです。
めちゃくちゃ美味しかったです!ポークとビーフを交互に食べる感触や真ん中に乗っているあさりしぐれ、そしてなんといっても肉!全ての具材が美味しい。

桑名カレーを満喫したところで他にこの街でやることもないので颯爽と移動。


【津市】
県庁所在地だし何か見るとこあるでしょと本当に何も考えずにとりあえず下車してしまった街です・・・すぐに後悔しました。
津駅に到着し外の看板を見たり携帯で調べてみました。
・・・とにかく遠い。交通が不便でした。近鉄の駅では見る場所もありましたが今回はJRの旅でしたので却下。市バスを活用してどこか行けないかと探してみると津城跡地があるということで、バスで向かうことにしました。
バスを降りて数分、そこに辿り着いてみると・・・

IMG_5003.jpg

おお、それらしき城郭が。
しかしあくまでも「跡地」、城らしき城はこの部分のみで、中に入ると噴水があるだけでとてもじゃないけどお金を払ってバスで見に来るような場所では・・・()

その後も温泉に入りたかった私は榊原温泉の存在を知りました。
一応津駅からバスで行けなくはなかったですが、片道だけで800円ほどかかるようで、バスでそれだとかなりの距離・時間になってしまいそうなので断念。というか榊原温泉は予約なしの立ち入り湯をやっているかどうかあれでしたし。

特に観光らしい観光をすることができずに津を去ることに。


【鳥羽市】
津市から約1時間で三重の先っぽの方、鳥羽(とば)に到着。
着いてみて分かりましたが、めっちゃ観光する場所あるじゃん!
・・・津で時間を潰してしまったことに激しく後悔しました。
あと途中で素通りした伊勢市も有名な伊勢神宮がある場所ですしとても観光にはもってこいの地でした。時間の都合でこちらは訪れることはできなくとても悔やまれます。

IMG_5032.jpg

港町鳥羽、水族館に向かう道で何件と連続して並ぶ真珠を扱ったお店をたくさん見ました。ネックレスなんかを百円台の安いものから万単位のものまで売っていました。

船に乗って鳥羽湾を移動する鳥羽湾めぐりができたり、ミキモト真珠島を探索できたり、そして鳥羽水族館があったりと海沿いにはたくさんの見どころがあり、自分の他に観光に訪れている人がたくさんいました。

そんな私も時間ギリギリながらせっかく来たんだから水族館に行ってやるぞ!と意気込んで行ってみたところ絶望の文字

「本日のチケットは販売終了しました」

・・・うん、営業終了の1時間前に販売が終わるそうで。
営業時間がまだ残っていたので大丈夫だと思っていたら・・・むぐぐ!

特に何かができたわけでもなく時間も迫っていたので、残念ですが福市というお店で赤福だけ食べて帰りました!
IMG_5043.jpg

このお茶が赤福に物凄く合うんです!
もう赤福のために生まれてきたようなお茶!

帰りも快速みえを使い、鳥羽駅から名古屋駅まで約2時間揺られ。
夕飯は名古屋駅のラーメン街道でしょうゆ豚骨ラーメンを食べました!
そして地元駅まで、現在に至ります。

うーん、なんとも微妙すぎるというか、心残りの多い旅になってしまいました。
三重は近鉄の駅は栄えているそうですが、JRはそこまでらしいです。
やはり駅からすぐに行ける観光名所があるといいですね!
正直またの機会と言うべき機会があるかも怪しいですが、次回もし三重を訪れることがあったら、ちゃんと鳥羽を、そして伊勢も訪れてみたいですね。

まあ愛知からお隣なんだからすぐ行けるっちゃ行けるんだけど。
灯台元暗しってやつですかね!!


スポンサーサイト

Comment

Add your comment