小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

【レポート】「きみどれ」名古屋店に行ってきた 

当ブログで取り上げましたイラストレーターグッズショップ「きみどれ」各店舗で梱枝りこ先生フェアが開催され、本日開催日である名古屋店に行ってまいりました。秋葉と日本橋は昨日開催で、状況を聞いてみるとサイン本争いはそこまで熾烈な事態にはなっていなかった模様。
だったら名古屋店もそんなに早く行かなくてもグッズやサイン本は買えるのではと思っていました。

ただとある人に煽られたため・・・・始発で行きました。

早朝5時に起床、台風が近づいているため不安もありましたが問題なく動いている電車に乗って名古屋・金山駅へ。そこから徒歩で大須まで向かい、きみどれに直行しました。
雨はぽつぽつと降るか降らないかの瀬戸際レベルで、傘を差していない人も。風もそこまで強くなく。このまま天候が激変しないことを祈りつつ。

きみどれに到着、予想通りというか誰もおらず、一人孤独と天候と戦いながら待つ・・・待つ・・・早朝なのでどこか開いているわけもないので移動することも無駄、ひらすら待つ・・・。

店の前で待つこと1時間、そこに現れた一人の人間が。
「やっと誰か来てくれた」と心細さから少し解放されつつも、開店まで待つことに変わりはないのでひたすら待つ。
暇つぶしにTwitterで「きみどれ」で検索したら隣りの方がTwitterをやられているようなのでさりげなく話しかける。その会話の中で衝撃の事実が発覚。
お店の前の張り紙に目が止まり、こう書いてありました。

「営業時間11:00~19:00
ただし木曜日は13時開店」


・・・・・!!!!??
割と真面目に絶望してました。
11時開店だと思いこんでました。しかし今日は木曜日。
あと2時間ちょっと待てばいいと思いきや、余計に2時間待つことになるのか・・・と。他の店舗は11時開店だったのに酷いよ、こんなのってないよ()

それからしばらくして10時過ぎまでに二人の方が来ました。
13時から開店なんじゃないかとか、この時間になっても自分ら4人だけかよとかあーだこーだ相談しまして、これ以上人が来る気配がしなかったので結局

4人でゲーマーズに行きました。


もう11時には開店しないと見切りをつけて余裕の来店ですね。
私はファフニールの特典を回収し、皆で念のためまたきみどれに戻ることに。


そして間もなくして・・・・
11時を過ぎた辺りで突然開店しました。


・・・うん、なんか開店しました。何の前触れもなく、11時ちょうどじゃなくちょっと過ぎた辺りで。
皆、本当に開いたのか疑ってるくらいになんかよく分からないまま開きました。まあ結果オーライかな。

ちなみにりこさんのサイン本は台風の影響でまだ店舗に到着しておらず、少なくとも11時30分まではかかると言われたので皆で店内をうろうろ。
りこさんのグッズもたくさん見られましたが、チェックしていた新作の光るiPhoneケースは入荷してなかったようです。残念無念。
そして15分ほどが経った頃でしょうか、宅配便の人が荷物を届けに来まして、その段ボールに「梱枝画集」の文字が。キマシタワー。

11時20分頃、ついに待ちわびた画集の販売が行われました。
その時点で店内にいたお客の数はなんと6人
とんでもなく拍子抜け、予想を遥かに下回る来客数。

・・・・名古屋はとてつもなくヌルかったです。

もちろん人が全然来ない原因はいくつか考えられますね。
①台風が近づいている
②平日の午前中である
③画集が2年前に発売したものである、サイン会もその時点で何度も行われたいたこと

こんな感じでしょうか、とにかく無事にグッズと画集が手に入ってよかったです。
その後一緒に並んでいた4人で移動、その中のお一人とサイゼリヤで食事を取りました。今日初めて会った方と食事とか自分らしくないw

あとはあれです、もう一つの目的である銃皇無尽のファフニールの特典回収をしに名古屋駅前に行きました。アニメイト、とらのあな、メロンブックスで売り切れもなく全て回収。
そして早朝から並んでいたこともあり疲れが溜まってしまっていたので早々に帰宅しました。

今日の戦利品はこんな感じです。
今日の戦利品

ファフニールは全店では特典回収できなかったですねー。アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、メロンブックスのみ。
サイン入り画集は左下、そう言えば通常版です。
左上にはメロンで気になって衝動的に買ってしまった飛龍本の同人誌。サークル名「推定部員」さんより二航戦(おっぱいとふともも)です。

あ、あと写ってないけどkaroryさんのタペストリーを買いました。背景青色の舞香ちゃんのやつ。

無駄に体力を使ってしまいました。
なんで私は始発なんかで行ってしまったんだろう、後悔はいつまでも憑いて回ります。
奴め・・・許すまじ。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment