小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

【ポケモン】シーズン4で試行錯誤その3 

全然レートが上がらなくて相変わらず施行錯誤してます。
今までの構築(笑)や戦い方では難しいのかなーと思い、刺さってるとかは考えずにまずはいろいろ使ってみることにしました。そこから結果を見てあれこれと。

今回は【バンギムドー軸】でパーティー構築(笑)してます。
残り4体はとりあえず詰め込んだ感がありすぎて。
全く参考にならないと確信して言えますが、備忘記録として書いていきます。

248-megaevol_4.png 227_4.png 080_4.png 068_4.png 479_4.png 681_4.png

【バンギラス】@メガ石/性格:いじっぱり
【エアームド】@パワフルハーブ/性格:ようき
【ヤドラン】@ゴツゴツメット/性格:ずぶとい
【カイリキー】@命の珠/性格:ゆうかん
【ヒートロトム】@こだわりスカーフ/性格:ひかえめ
【ギルガルド】@弱点保険/性格:れいせい

*ヒートロトムのアイコンがなかったのでノーマルフォルムになっています。
前回までのパーティーと一新したのでリンクを貼るまでもないでしょう。
では先に50戦潜った対戦成績を発表させていただきます。


【対戦結果】
開始レート:1649
最終レート:1719
最高レート:1736
50戦中27勝22敗1分(勝率54%)

{選出回数}
バンギラス:37回(74%)
エアームド:43回(86%)
ヤドラン:14回(28%)
カイリキー:13回(26%)
ヒートロトム:17回(34%)
ギルガルド:25回(50%)

選出率から分かる通り、バンギムドーの選出に誰かの3体がパターン化した選出となりました。バンギムドーと言っても受け回すタイプではなく、エアームドで起点を作ってバンギラスで舞って全抜きを狙い、またヤドランでトリックルームからのカイリキー無双がコンセプトになっています。
S上昇からの上から殴る戦法とトリルからの下から殴る戦法を混ぜるの私好きだなーってつくづく思いましたね。

そして後半はこのパーティーも使い慣れてきたようで、ようやくレート1700台を安定して維持できそうな環境に適応した感じになってきたなと思いました。
エアームドでステロ撒いて、バンギラスで舞って、倒せなかった相手をギルガルドで処理するという流れでほとんどどうにかなってしまったので、プレイング云々は関係ないかなとも感じましたね。


それでは適当に各ポケモンの型紹介を。
全員テンプレに近いのであまり紹介する意味もないかな。

248-megaevol_4.png
【バンギラス】@メガ石/性格:いじっぱり
技構成:りゅうのまい/じしん/ストーンエッジ/かみくだく
努力値:H60 A198 S252

大怪獣メガバンギラス、ウルトラマンに出てきそう。今まで特殊受けや起点作り、またはスカーフ型のバンギラスしか使ったことがなかったのですが、この龍舞型は物凄く使いやすい・・・というか強すぎるw
生半可な特殊相手を起点に舞ってしまえばあとは全抜きコース。先制技にさえ気を付ければ3タテも余裕でした。何度も怯えた点としましては、相手が気合玉など格闘技を搭載していないか、ストーンエッジが外れないか、技の追加効果で麻痺ったり凍ったりしないかの3点。特に50戦潜っていて3回ほど凍ってしまい深夜なのに叫んでしまいました()
2舞すればほとんど全ての相手をステロ込みで確1にできるのが本当に強い。その分起点作りに重点を置いて戦っていたので、初手で出すことは一度もありませんでした。
1舞状態では対処できない相手:ローブシン、ハリテヤマ、メガギャラドス(威嚇込み)、メガクチート(威嚇込み)、ポリゴン2、鉢巻ガブリアスなど

227_4.png 【エアームド】@パワフルハーブ/性格:ようき
技構成:ちょうはつ/ステルスロック/ふきとばし/ブレイブバード
努力値:H150 A108 S252

起点作りとしてはこれ以上技構成に改良の余地がないかなと思ってるくらいいい働きをしてくれたエアームド。とにかくステロを撒いて、舞ってきそうな相手にはふきとばしで流し、補助技で場づくりをしそうな相手には挑発、そして格闘に刺さるブレイブバードで自主退場。
頑丈潰しの怯み技用にと持たせたメンタルハーブですが、50戦中一度もその効果を発揮する場面はありませんでした()
ゴツメ警戒でエアームドにねこだまし等の技を打ってくる相手なんてほとんどいませんからね、ただこの型で他にいい持ち物も思いつかない。あ、ラムの実でもいいかもしれません。
とにかくフシギバナに強いエアームドでした。初手挑発で宿り木やねむりごなも封じることができますし、相手の有効打はもっていればめざ炎程度なので、その場合はギルガルドに引いて弱点保険の発動要因にさせてもらうなどできました。

080_4.png 【ヤドラン】@ゴツゴツメット/性格:ずぶとい
技構成:トリックルーム/サイコキネシス/ねっとう/れいとうビーム
努力値:H252 B78 C180

昔育成したトリルパのヤドランをそのまま流用。カイリキーの起点作りなので、とりあえず一発耐えてくれればオッケー。
正直書くことがこれ以上ないくらい目立った活躍がなかった・・・努力値振りは割と適当です。

068_4.png 【カイリキー】@こだわり鉢巻⇒命の珠/性格:ゆうかん
技構成:ばくれつパンチ/ほのおのパンチ/はたきおとす/バレットパンチ
努力値:H252 A252 D6

トリル化から無双したいカイリキー。遺伝技ではたきおとすが使えると知って使ってみたくなっただけ。
カイリキーはいろいろ指数が足りてないとかよく言われるように、なかなか一発で持っていけるほどの火力も持ち合わせていなければ、相手の技を確3で抑えて反撃なんてこともできないので使い処が難しい。
最初はこだわり鉢巻を持たせてばくれつパンチを打つだけのお仕事をしていましたが、エアームド⇒ヤドラン起点からだとカイリキー1体で3タテを余儀なくされるということが多かったので、一貫性のとりにくい格闘技で縛るのはいささか無理があったため命の珠に変更。ほのおのパンチはハッサムピンポイント。正直ストーンエッジ入れた方が範囲は取れるのでいらないと思います。
使ってみた印象、トリル化でもぶっちゃけ強いとは思えなかったので回顧ですかね()

479_4.png 【ヒートロトム】@こだわりスカーフ/性格:ひかえめ
技構成:トリック/おにび/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷
努力値:H146 C252 S112

シーズン1で使っていたウォッシュロトム(NN:あたみ)の固体をそのまま流用しただけ。
この炎ロトムも起点作りに特化した技構成になっていまして、スカーフを相手に押し付けたり鬼火撒いたりしてバンギラスの積みの起点にします。Cに割いてる分技的にもったいない気もします。
突破力がないのと、起点作りはエアームドだけでもなんとかなることが多かったので後半はほぼ選出がなかったですね。後ろに控えるので有れば眼鏡フルアタにしたり、最速スカーフで苦手なギャラドスを相手にするのもいいかも。

681_4.png 【ギルガルド】@弱点保険/性格:れいせい
技構成:シャドーボール/キングシールド/かげうち/せいなるつるぎ
努力値:H252 B38 C220

いたって普通の弱点保険ギルガルド。だが現環境でもそれなりに現役、強いことも事実。
主にバンギラスで倒しきれなかった相手を処理する役目、またはフェアリー対策にも役立っています。対面性能は抜群なのでとりあえず困ったらギルガルドを選出してる自分がいる。
エアームドを突破されると地面の一貫性ができてしまうので、相手にランドロスやガブリアスなど高速地面アタッカーがいる場合は、なるべくバンギラスで舞いまくって処理しておきたいところ。炎ロトム出してもいいんですけど、高速地面が出なかった場合にお荷物になるのがなんとも。


【反省】
見直す点はたくさんありますが、とりあえず1600台半ばの壁をぶちやぶることができたので良しとしましょう。およそ100戦もの間1600台をうろうろしていたので心が折れそうでした。
バンギムドー軸はこのまま続けるとして、残り4体の構成をどのようにするか試行錯誤してみるのがいいですかね。なるべくバンギラスに強いコマを出させないように牽制できる構築にしていきたいですが、いいブログなどがあれば参考にしたいと思っています。
シーズン4もあと1ヶ月もないので、出来れば今月中に1800台、あわよくば1900台に載せたいところ・・・終盤になると今以上に修羅環境になりますからね・・・。

あと現在のパーティーではバンギラスしかメガシンカできるポケモンがいないため、メガシンカおよびバンギラスの型を読まれてしまっているのではと懸念がありますので、一体以上はメガシンカできるポケモンを入れた構築にしたいかなーと(メガシンカするとは言ってない)。

最後に、このパーティーでの勝敗数で27勝22敗1分と引き分けがあるのは、降参読み降参をされてドローになったからです。あの屈辱は忘れない・・・。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment