小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

『ちいさな彼女の小夜曲』白里花梨√感想 

3人目、楓先輩の妹である白里花梨ルートが終わりました。
最初キャラクターの説明文も名前もちゃんと見ていなかったとき、茉莉と楓と花梨の3人でCGが誰が誰だか分からなくなっていたことがありました。皆おっぱい大きいし似てたし見分けが付かなかった(爆



10月25日発売!『ちいさな彼女の小夜曲』応援中!!


白里 花梨(しらさと かりん)
CV:桃山いおん


中二病のせいで主人公が作中に花梨を色モノ枠だとかあえてこの娘を好きになるとか俺・・・的なことを言っていましたが、ぶっちゃけその通りかもしれません。感じ方は人それぞれだと思いますが、特に最後の方でネタ要素臭があるような気もしてしまいました。

花梨、白里楓先輩の妹で主人公の1つ年下。背丈は小さいながらもその胸はヒロイン随一に豊満である。中二病を発症されており、恋人になってからも主人公のことを従僕と呼び主従関係のような設定でずっと物語が進む。
・・・そう、ずっとなんです。後輩だけど全く後輩らしくない(むしろ上から)態度で会話しています。
別に普段の会話ならキャラ的に構わないんですが、Hシーンでもずっととなるとなかなか微妙なところが・・・。
つっこみが面白い、日常的に一緒にいて面白いと感じさせるのは攻略した3人の中でも花梨が一番だったのは褒めたいですが。

Hシーンはシナリオの長さに比べると多め。というか楓先輩だけが他のヒロインに比べて少ないのかも。CGの枚数もなんか少なかったし。
Hシーンでは大体で中二病な会話を織り交ぜて行われます。何度も繰り返しますがHシーン中にも中二病は・・・と思っていたんですが、4回目?だったかで主従関係が主人公と花梨で逆に、立場逆転するんです。ここで「あー、これはイイ」と思ってしまい、ここまでの中二病えっちはこのための伏線だったのかとよく分からない想像をめぐらせたりしました。

あと自分で自分の乳首を舐めるという行為を初めてゲームで目の当たりにしてなんか目覚めそうでした。
つながぬもんが可愛い。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment