小倉洋館

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。和風が好き。

【ポケモンXY】YouTaro式サザンガルドで潜ってみた 

どうも、ポケモン関連の記事ではお久しぶりです。
シーズン2終盤の低迷から完全にやる気をなくして半月以上3DSに触れることすらありませんでした・・・が、とある動画投稿がきっかけでシーズン3からまたポケモンのレート対戦を再開するに至りました。

その動画というのが、私がXYのシーズン1からパーティーを組む指針にしていた要因となる方の動画です。以前にもこのブログで紹介していたかと思います。
【ポケモンXY実況】彼を知り己を知るレーティングPart1【サザンガルド】

はい、YouTaro(ゆーたろ)さんの動画ですね。
動画投稿日が3月15日、私がパーティーを完成させたのが3月17日。

3日でパクらせていただきました。


サザンガルドは私も使用したことがなく(役割論理を除く)かなり興味があったのと、厳選が楽なポケモンが比較的多かったためすぐにパーティー単位で真似て潜ることができるかなと。

【サザンガルド】軸のパーティーがこちら
型は全てパクりました(つまり動画を参照ください)
635_4.png 681_4.png 445_4.png 145_4.png 184_4.png 003_4.png

性格、努力値の振り方に関しては動画で表示されてるわけではありませんが、HPや技構成から推測して育成しました。
サンダーは熱風がだるかったのでXY厳選で熱風をめざ氷に、マリルリはちゃんとBW2からはたきおとすを覚えさせて送ってきました。ただしBとSの固体値は少し甘えました()

◆対戦成績◆
開始レート:1488
最終レート:1707
最高レート:1737
50戦32勝18敗(勝率64%)

開始レートがかなり低いところからなので勝率はまあまあ良かったです。あとは自分のプレイングが足を引っ張った場面が多かったところでしょうか。まあ20日ぶりのレートなのでと甘えもそこそこに反省すべきところはしっかりと反省。
ちなみに普段だったら50戦で区切りを付けるところですが、その後も少し潜りましたら1757まで上がりました。正直この時期はまだ楽に伸ばせると思いますので、レート1800までは通過点ですかね。

さて、サザンガルド軸で初めて潜ってみた感想ですが、YouTaroさんが動画内でおっしゃっていたようにやはりパーティーに1体はサザンガルドを見るポケモンを用意しているという印象が強い。
ぱっと思いつくのがバシャーモ、あとはこちらの持ち物的に相手がしにくいガブリアス、とりあえず怖いガルーラ、蜻蛉や地震で掻き乱される危険のある霊獣ランドロス、マジカルシャイン持ちのゲンガー(今はいるのか怪しいが)、氷技とガルドに有効打を持つ珠マニューラと珠マンムーなどなど。そこを後ろでどうカバーしていくかが重要。
サザンドラがスカーフ、ギルガルドが弱点保険だったら良かったのにと思う場面も多かったですが、眼鏡サザンと鉢巻ガルド、この型でも慣れと使い方次第では十分に役割を果たしてくれます。特に鉢巻ガルドはかげうちで最後のお掃除的な役割を持つことも(あれ、どこかの火の鳥さんみたい)。

そして個人的に一番強いと思ったのがチョッキマリルリ。相手が眼鏡だった場合を除き大抵の抜群の特殊技を耐え返しの一撃を食らわせる。
またマリルリはオボンという先入観もあるのが強みだと思います(まあチョッキマリルリも多いとは思いますが)。あと叩き落とすは強い、本当に強い。受けに出てきた相手のゴツメや進化の輝石をばったばったと叩いていく。癖になります。
このパーティーでの初手採用率が一番多いのもマリルリでした。


50戦+α潜ってみたサザンガルド軸でしたが、サザンガルドを見て相手はこのポケモンを絶対出してくるなと予想しての選出が出来やすい、いいパーティーだと思います。またマリルリも物理受けを必ずと言っていいほど呼ぶのでそこもまた強い(そこに当てる叩き落とすがまた強い)。
なのでサザンガルドの同時選出は少なく、むしろサザンドラの選出はパーティー内で1番低かったかもしれません。そこらへんの選出数も今度はチェックしていくことにしましょう。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment