小倉洋館☆彡星恋*ティンクル応援中☆彡

マラソン大会に出場する市民ランナーが即売会で無人少女を追っかける情報&日常系ブログです。

竹島(愛知県)に行ってみた 

今日は天気もよく日光浴日和だったので、県内で行けそうな観光名所を巡ってみることにしました。休みの日はゲームばかりやって引き籠ってないで外に出ようぜぃ!(戒め)

そしてやってきたのが竹島(愛知県)
島根県の某国との領土問題で知られている竹島ではありません。

【説明】竹島とは、愛知県蒲郡市の三河湾に浮かぶ小島を指し、天然記念物にも指定されています。三河湾国定公園の中核でもあります。(Wiki参照)

IMG_2258.jpg

対岸からこのながーい橋(400mあるらしい)を歩いていくと竹島に到着します。この公園には竹島だけでなく『海辺の文学記念館』という資料館も。

IMG_2248.jpg

それでは竹島橋を渡ってみましょう。
橋に差し掛かって少し歩くと、とてつもない強風が襲います。写真では伝わりにくいですが、歩くことも大変なくらいです。

そんな中橋の下を見渡せば広がる三河湾とカモメの群れ、カモメの鳴き声と風の音でいっぱいいっぱいです。
あとは潮の臭いもし、五感が海に支配された感じでした。

IMG_2265.jpg

IMG_2260.jpg

やけに多く見受けられたカップルに生気を吸い取られつつ・・・。
400mもの橋を渡り終えるとその大きさを目の当たりにできる竹島が。

竹島の全域には八百富(やおとみ)神社の境内があり、神社の境内を回った後奥から島の外側を円を描くように半周して戻ってくるのが流れになります。

それでは昇っていきましょう。
急な勾配の階段が、まあ神社はこんなもんでしょうね?
こんな急な階段だとスカートの中がよく見え・・・げほんげほん。

IMG_2267.jpg

IMG_2272.jpg

境内には初詣の時期に甘酒を振る舞うであろう建物も。
休憩スペースとして利用できたようですが今回は入らず。

お賽銭を入れお祈りをしつつ。
境内を抜けると下りの階段が。

そこからは三河湾の景色が一望できます。



IMG_2278.jpg

IMG_2281.jpg

どんな悩みもその時には考えられなくなりそうな絶景。
海って怖いイメージもありますけど、天候もあり波もそこまで荒ぶっているわけでもなかったので少し入ってみたくもなりましたねw

女性観光客の二人が貝殻を集めている様子も見られました。


・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・。

時間があったので試しに・・・感覚で行ったわけですが。
たまにはこういうのもいいですね!

遠征も都会ばかりに行ってしまい自然と触れ合うことなど微塵も、微粒子レベルもなかったこの数年間。
いや、ちょっとはあった・・・うん。

遠出をして神社巡りや自然を体感するのもいいでしょうし、愛知県内でも身近な場所でこういったスポットに焦点を当てて見に行くのもいいですね。

灯台下暗しという言葉が身に沁みます。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment